読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

ペニバンクエスト ドミナ教の生贄 評価C-

ペニバンクエスト ドミナ教の生贄

ハード:パソコン RPGツクールVX作品

ジャンル:マゾシチュRPG ※18禁

評価:C-

備考:本当にMな人にしかお勧めしない

 

「やられて嫌なことを」をされて喜ぶのがマゾなら、確かに至高のマゾゲーなのだろう。

 

女尊男卑となったドラクエ3の世界で、勇者となって犯されながら冒険するRPG

世界と魔物は完全にドラクエのパロディ。

同ジャンルの「もんむすくえすとぱらどっくす」と同じRPGツクール作品だが、作品の質としては明らかに劣る。

最近のゲームとしては極めてユーザビリティが悪い。

 

欠点

・オート戦闘がない

・戦闘高速化がない

エンカウント率調整方法がない

・ルーラがない

・世界地図が雑で、現在位置が表示されない

エロゲーなのに回想がない

・敵が状態異常魔法を連発してくる

・主人公だけ成長が極めて遅い

・シナリオの後味が極めて悪い

 

ツクール作品なら当然あるはずの機能どころか、元々のドラクエ3に備わっているルーラや作戦すらない。

おそらく、

「プレイヤーの皆さん、苦労を楽しんでね♪」

という製作者からのプレゼントなのだろうが、これで楽しめるのはよほどのドMだけだろう。

 

普通の人は女性に性的に責められるのを期待しているのであって、戦闘や移動に苦しめられたいのではないと思うのだが・・・

 

話のボリュームやCG枚数、RPG部分の出来ではもんぱらの足元にも及ばないが、それは「もんぱらが凄すぎる」だけなので敢えて言うまい。

 

RPGとしては三流だが、徹底して男を卑下する姿勢だけは本物である。

どの町に行っても男が虐げられる話しかなく、決して逆転しない。

主人公に限らず男は常に奴隷のように扱われ、家畜のごとく屠殺される。

エンディングまで救いようがないのは、ある意味尊敬する。

 

CGも他の作品に劣らず綺麗で、もんむすと違って奇形もいない。

エロゲーとして見れば間違ってないのだが、回想機能がないのが残念。

 

ストーリー、世界観、戦闘、敵味方問わず、全てが一貫して男を虐げている。

常人なら殺意が沸くくらい・・・

本当に「一切容赦がない」ドMプレイを楽しみたい人にお勧めです。

 

エロゲ、エロアニメ、PCゲームのダウンロードショップ - DLsite Pro