二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

片道勇者 評価B

片道勇者

ハード:PCフリーゲーム(plus版は有料)

ジャンル:刹那的ローグライクゲーム

評価:B

 

Elonaと並ぶPCローグライクゲーム双璧の片割れだが、非常に対照的な作品。

Elonaが極めて農耕的なのに対して、片道勇者は極めて刹那的な作品である。

 

風来のシレン」や「トルネコ不思議のダンジョン」といったローグ系は少なからず刹那的な側面を持ち、レベルやお金のリセットが行われることが多い。

 

チョコボポケダンはその側面が薄く、レベルや装備が持ち越し易い。

Elonaはさらにその傾向が強く、殆どの要素が持ち越される。

 

しかし片道勇者はシレン以上に刹那色が強く、レベルも職業も持ち越されない。

装備は倉庫に入れて持ち越せるが、耐久度があるためいつか必ず壊れる。

 

しかもダンジョンが横スクロールシューティングのごとく左端から消えていくため、前に戻ることさえできない。

とにかく前に進むことしかできないゲームシステムは、実に見事。

 

持ち越し要素が低い分、攻略は容易。

Elonaと違って非常に敷居が低く、初心者でもプレイしやすい。

他のローグ経験者なら、最初のプレイでもクリア可能だろう。

 

ローグライクゲームの特徴である

「成長するのは主人公ではなくプレイヤー自身」

を最も忠実に表現している。

 

沢山の職業とダンジョン(配信あり)が用意されているので、ローグ好きはプレイしてみよう。

 

それにしても、魔王様が道端で襲ってきたり、勇者が全裸無双なのはどうなのかなぁ?