読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

Dies irae 〜Amantes amentes〜 評価A

ハード:PC(PSP版もあり)

ジャンル:厨二バトルファンタージーノベル

備考:完全版以外買うなかれ

 

 『Dies irae』とは、PCゲーム史上最もプレイヤーの期待を裏切ったゲームである。

 

最初のタイトルは

Dies irae -Also sprach Zarathustra-』

という名前だが、絶対に買ってはいけない

全5ルート のうち2ルートしかなく、途中から別ライターが書いた内容にすりかわっているからである。

 

不完全かつ本質を理解しない別ライターによって作られた劣化作は、体験版で期待したファンを激怒させた。

 

しかし、その後に発売された完全版

Dies irae~Acta est Fabula

・Dies irae 〜Amantes amentes〜

の出来は素晴らしく、中二バトルに限って言えばかの『Fate/stay night』さえ凌ぐと言っていい。

 

ギロチンを纏って強大な黒円卓(ナチスの残党)に挑む異能力バトルは、中二作品の中でも随一の出来。

完全版で追加された黒円卓同士の戦いも熱い。

最初から完成していたら、評判は真逆だったろうに。

 

実はセカイ系作品でもあり、能力と世界の成り立ちが密接に繋がっている。

人の信念が世界の有り方を形作る 世界観は、非常に興味深い。

筆者はこれをどこの宗教から学んだのだろうか?

 

続編の『神咒神威神楽 曙之光』で世界の仕組みがさらに掘り下げられているので、興味がある方は合わせてプレイしてみるといい。

 

どうでもいいことだが、何気に『魔法少女プリティ・ベル』と能力設定がかぶっている。

「イェツラー!(形成位階)」

とか

「ブリアー!(創造位階)」

とか

「アティルト!(流出位階)」

とか叫びたくなるのは、中二病の典型である。