二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

猫撫ディストーション恋愛事象のデッドエンド 評価E(最低)

種類:PCアダルトゲーム

ブランド:WHITESOFT

ジャンル:みんな琴子になりますADV

備考:クソゲーオブザイヤー大賞確定

 

名作哲学ゲーム『猫撫ディストーション』のファンディスクだが、全くもって中身がない。

なんと10分で終わる!

 

ここまでファンを裏切った作品は、修羅の国(エロゲ界)でも他にないんじゃないか?

いくらなんでも酷過ぎる。

 

悪い点

・普通にプレイすると、10分でクリア

・スタッフロールのほうが長い

・選択肢が全くない

・CGは5枚

・エロゲなのに本番がない

・容量は156MB

 

起承転結で言えば、起しかない。

本編の体験版より遥かに短い。

 

どんなクソゲーでも、内容さえあれば擁護のしようがある。

しかし、このゲームには内容自体がないため、一切評価しようがない。

まさに『ゲー無』

 

発売されたこと事態が間違いではないか?

 

しかも開発費はクラウドファンディングにおける『有志の出資』で賄われており、ゲームに期待したファン(245名)が300万円以上の寄付をしている。

10万以上出してスカスカのゲームディスクが送られてきたら、どんなに信心深いファンでも流石に怒るだろう。

 

しかも出資者はこの前代未聞クソゲーのスタッフロールに名前が載るという、非常に不名誉なオマケが付くという。

 

タイトル通り『デッドエンド』な作品。

この件が訴訟問題に発展しないことを心から願う。

 

なお、原作ゲーム自体は相当な名作である

猫が人間になったり、死んだ妹が生き返る狂った世界の中で、哲学や量子力学を交えて家族とは何かを説く物語。

 

猫、妹、ロリ母など、萌え要素も非常に強く、ぶっ飛んだシナリオも面白い。

続編のエクソダスもわりと良作。

お母さんかわいいよ、お母さん。

 

それなのに、なぜファンディスクはこうなった・・・

 

※下記の作品は、間違いなく名作です