二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

おばけと魔法と 評価B-

カテゴリ:PCフリーゲーム(RPGツクールVX)

ジャンル:ファンタジーRPG

特徴:非常に丁寧な大作

 

今時珍しい正統派大作RPGのフリゲ。

獣人や吸血鬼、アンドロイドなどファンタジーなキャラが可愛い絵柄で描かれており、見た感じはライトな作品。

 

しかし、内容は相当に作りこまれており、戦闘はかなり難易度が高い。

ザコはもちろん、ボスキャラは一度全滅してから作戦を練って再チャレンジすることが多い。

 

謎解きや強敵撃破毎にレアアイテムが入手でき、全て入手するのは至難の業。

隠しイベントや隠しボスも非常に多く、何週しても終わらない。

ボリュームは極めて大きく、周回プレイ込みでコンプリートするには100時間かかる。

 

プレイして感じたのは、とにかくストレスなくプレイできるように設計されていること。

 

・各ダンジョンには必ずボスへのショートカットが用意されている。

・どこでもセーブ可能

・仲間が外れるとき、自動的に装備が返ってくる

・道に迷った時は相談コマンドで解決

・謎解きやパズルも相談コマンドで解ける

(ただしレアアイテムは消える)

 

唯一不満だったのは、主人公入れ替えが非常に多く、その度に装備が外れることか。

貴重な装備が持ち逃げされないための親切設計が、かえって仇になっているかも。

 

うさみみハリケーンの2倍速でプレイしても、完全クリアまで50時間かかった。

ゲームの出来は見た目じゃわからない好例。