二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

MAGADEN 評価C+ 故意に作られたバグゲー

カテゴリ:PCフリーゲーム(RPGツクール2000)

ジャンル:人為的バグゲー

特徴:バグではなく仕様です

 

作為的にバグらしき状況を作り出したRPG

FCやSFC時代の実在したバグがこれでもかと詰め込まれており、余りにも頻繁な画面暗転に頭が痛くなる。

 

・開始しようとするとバグで落ちる

・なぜかあるセーブデータをロードすると、「冒険の書は消えてしまいました」

・村人の会話がめちゃくちゃ

・フィールドに文字が映る

・画面が頻繁に暗転する

・エンディングのスタッフロールが読めない

 

ここに挙げたのはほんの一部で、プレイ中常に怪しげなバグ(という名の仕様)に悩まされる。

SFCの名作『魔訶魔訶』も、流石にここまでバグまみれではない。

 

話としては初代ドラクエと同レベルなオーソドックスな魔王討伐で、ゲームシステムやグラフィックもそれに準じる。

というか、明らかにファミコン時代のゲームに合わせている。

 

しかしながらゲームバランスは劣悪であり、初期状態では最初のスライムにしか勝てない。

敵を倒してもレベルが上がないため、敵を躱して修行場までたどり着くか、妙に高い装備を買うしかない。

どっちにせよ、糞つまらないスライム狩りを繰り返して、金と経験値を稼ぐ必要あり。

 

これでもかという膨大なバグと、圧倒的なゲームバランスの悪さ。

古き良きレトロゲームの時代を思い出せてくれる迷作である。

 

何度も言うが、このゲームのバグは全て仕様であり、進行不可になるような不具合は一切存在しない。