二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~ 評価B+

カテゴリ:PCゲーム(一般向け)

ジャンル:伝奇バトルノベル 

特徴:ベイさんかっけぇ

 

Dies irae』の敵役である聖槍十三騎士団黒円卓四位ヴィルヘルム・エーレンブルグを主人公にした外伝。

略称は「イカベイ」。

 

母を犯して殺したなど際どい表現は多々あるが、18禁作品ではない。 

選択肢は一切なく、ただ読み進むのみ。

 

ボリュームは本編より小さいが、伝奇ノベル屈指のバトルエフェクトは健在。

座のシステムや創造の仕組みなど、姉妹作を補完する描写も多い。

続編である『神咒神威神楽』にも、上手く繋げようとしているのが伝わった。

 

今回の敵は流出位階ではない(というか枠組みに入らない)が、明らかに三騎士より強い。

自分より遥かに強い相手と戦うのは、やはりロマンだねぇ。

 

ただ、平和な日常シーンが個人的には蛇足に感じた。

シスターとの恋愛が話の主軸にあるとはいえ、ナチスドイツの軍人がジャガイモどうこうはないわ。

 

黒円卓のほぼ全員(日本人除く)の全員に出番があり、戦闘シーンもあるため、黒円卓スキーにお勧めしたい。

 バトルにおいて敵役の魅力がいかに大事か、再確認させてくれる作品だった。