読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

シューニャの空箱(ドグマシリーズ総評) 評価? ゲロの中に埋もれた宝石

カテゴリ:PCフリーゲーム(RPGツクール2000)

ジャンル:退廃的でカオスな喪男RPG

特徴:完全にキチガイだが、時に哲学的

 

 <ドグマシリーズ >

・ドグマの箱庭

 ・引き裂かれたバダール

・もしもポイズンが勇者だったら

・アリスの標本箱

・シューニャの空箱

など

 

喪太郎氏による喪男(モテない不細工な男)を扱ったゲームシリーズ。

それぞれ別個の作品だが、順番にプレイしないと真価がわからないため、一度に記載。

 

内容は、はっきり言ってキチガイじみており、卑猥な単語や下劣な行為、不快な性的描写が目白押し。

死体の山がそこら中に転がっていたり、メガテンのマーラ様が増殖していたり、ゴメスが男を掘りまくったり・・・

神経質な人は吐き気を催すため、非推奨。

 

戦闘は全てツクールデフォ戦のため、特殊な要素はない。

モンスター、アイテム、技名は腐りまくっているため、こちらも万人には勧めがたい。

(全裸や性器を模したモンスターが、すごく気持ち悪い)

 

このように全体的には酷くカオスで醜い作品なのだが、詩的な表現があちこちに散りばめられており、その深さに感嘆を覚えることがある。

いや、醜いからこそ、直接伝わってくるものがあるのかもしれない。

孤独、憐憫、愛情、怨念、かなしみ、人の心とは実に複雑で美しいものだ。

 

ドグマ、バダール、ポイズンまではどちらかといえばブ男をネタにしたギャグ系だが、アリス以降でキャラが再登場すると大きく化けるため、順にプレイしないといけない。

 

正直、アリスの標本箱でイシュタムが再登場した時にはちょっと泣いた。

さらにシューニャの空箱は全作品の集大成であるため、これをプレイしないと終わらない。

 

市販では絶対にあり得ないゲームだが、近い作品を挙げるなら『サンサーラナーガ2』。

実際にサンサーラナーガの音楽を使っているから、余計そう感じる。

 

ただし、シナリオとしては『クロノトリガー』が近い。

というか、人類の発祥~滅亡までを描くストーリーは、まんまクロノトリガー

 

初期作品からは想像もできないが、この作品の根底は仏教の教えがあり、釈迦ことゴータマが悟りを語ってくれる。

かなしみ(悲しみではない)を超えて生きることが、最終作のテーマかな。

 

ある意味ではどうしようもないクソゲーであり、またある意味では神の境地に届かんとしている。

まるで人生のように、評価に困る作品だ。