二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

Ever17 -the out of infinity- 評価S 未だ破られぬ至高のシナリオ

カテゴリ:一般ゲーム(PS2,PSP,DC,Xbox360,PC) 

ジャンル:恋愛アドベンチャー&サスペンス

「infinity」シリーズの第2作。 

言わずと知れた、ノベルゲームの最高峰。

発売から14年近く経つが、未だにこれを超えた作品は皆無。

っていうか、いい加減超えてくれ、とつくづく思う。

 

「事故が発生した海中テーマパークで、生き残りが脱出を図る」 

 というのが表向きのストーリーだが、実際には差し迫った危険は少なく、むしろコメディな日常が多く描かれる。

ココのコメッチョ(アメリカンジョーク)が個人的に好き。

 

この作品の魅力は何といっても、強い哲学性と見事な伏線にあり、最後まで読み進めるとその構成に驚嘆すること間違いなし。

逆に言えば、グランドフィナーレまで到達しないと、評価が半減してしまうのだが。

 

不確定性原理や次元論を扱った作品は他にもあるが、それぞれのキャラに

・二次元(AIインターフェイス 空)

・三次元(登場人物)

・四次元(?)

といった役割を定め、物語に調和させた作品は他にないだろう。

 

姉妹作のNever17やRemember11もそうだが、人間の認識を利用した叙述トリックが非常に上手い。

漫画や小説版も発売されているが、ある意味読者を騙すトリックはノベルゲームだからできることであり、他のメディアでは殆ど意味を成さない。

きちんと感動を味わいたい方には、ゲーム版のプレイをお勧めする。