読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

タオルケットをもう一度 3~0 レビュー

カテゴリ:PCフリーゲーム(RPGツクール2000)

ジャンル:SF鬱グロRPG

特徴:見た目に反して、極めて哲学的で残酷

 

<作品一覧>

タオルケットをもう一度3 評価:C+

タオルケットをもう一度2 評価:B-

タオルケットをもう一度1 評価:B

タオルケットをもう一度4(タオルケットをもう一度/海)評価:C

タオルケットをもう一度5(がぅがぅの花嫁)評価:C-

タオルケットをもう一度6(悪魔と悪魔と悪夢と悪魔)評価:D-

タオルケットをもう一度0 (空からクル乙女爆弾) 評価:C-

 

おそらくフリゲ史上最も見た目とのギャップが大きいゲーム。

紹介画像の可愛らしさに惹かれてプレイすると、極めて大きいショックを受けるので注意。

 

上記の順番がおかしく見えると思うが、これで正しい。

キャラはかぶっているものの、話は独立しているため、1~3はどれからプレイしても良い。

最も出来が良い1を最初にプレイするのがお勧め。

ただし、4は完結編に近い作品のため、1~3の後にプレイすること。

 

作品によってばらつきがあるが、このシリーズには商業ゲームではまずあり得ないほどの残酷描写変態性哲学性があり、プレイしているだけでサン値がガンガン削られていくので注意。

正直作者の頭の中が心配になるほどで、実際に結構病んでいるらしい。

 

・主要キャラがわりとあっさり死ぬ

・悲恋やバッドエンドが多い(特に2)

・パンダ型宇宙人が伝説的変態で、露骨な性描写が多い

・まさかの獣姦あり(パンダではなく牛)

・無駄に壮大なSF展開になることが多く、地球が簡単に滅亡する

・タイムスリップやループもある

・どいつもこいつも能天気で、やたら無駄な会話が多い(特に6)

 

RPG要素は非常に凡庸だが、キャラとシナリオは非常に強烈。

ほのぼのとしていて、何かがおかしい会話。

一見メルヘンで、それでいて容赦なく人々を惨殺する宇宙人、ロボット。

種族でさえ完全に無視した恋愛の行方。

 

本当に、気が狂っているとしか思えない。

 

 だが、それ故に奥深くて面白い作品でもある。