読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

Lycee システムは最高だが、運営がクソで破滅したTCG

カテゴリ:トレーディングカードゲーム

ジャンル:美少女ゲームを元にしたTCG

特徴:ゲーム自体は面白いが、運営が酷すぎて潰れた

 

いくつものカードゲームをプレイしてきた私だが、一番ゲームシステムが優れていたのは、間違いなくLycee(リセ)だ。

 

リセはリーフファイトやヴァイスシュバルツと同様に、エロゲやギャルゲのイラストを用いた対戦型カードゲームだが、フィールドやアドバンテージの概念が優れており、プレイヤースキルが試される良いゲームだった。

 

具体的にはフィールドが攻撃・防御の3マスずつに分かれた遊戯王のような感じで、召喚したキャラを上手く移動させながら、ダイレクトアタックでライフ=山札を削っていく。

 

遊戯王との違いは、

・同一キャラを攻撃と防御の両方に回すことはできない

・防御するかダイレクトアタックになるかは、防御側が選ぶ

・サポートシステムにより、仲間を強化できる

・召喚コストは、別のカードを破棄することによって発生する

・ドローするほどライフが減り、攻撃がなくてもいつか死ぬ

といったところか。

 

非常に取捨選択の要素が強く、絶対的な正解がない。

プレイヤーの腕次第で、いかようにも戦局が変わることになる。

 

・コストにしたカードは場に出せないので、どのキャラを出すか悩む

・召喚場所が6マスあるので、出す場所に悩む

・手札を増やせば選択肢が増えるが、その分ライフが減る

・攻撃を防御すればライフは残るが、キャラは減る

 

リセの本質は、ハンドアドバンテージ(手札の多さ)とライフアドバンテージ(ライフの多さ)の奪い合いであり、正確な計算をしたほうが最終的に勝つことになる。

まさに美少女ゲームの殻を被った知能戦と言うべきだろう。

 

このようにシステム面においてはTCG最高と言っても過言ではなかったリセだが、あまりにも酷い運営によって、多くのプレイヤーが去り、2014年にサポート打ち切りになった。

 

・カードパワーのインフレ

・壊れカードの乱発

エラッタ(修正)によるレアカードのゴミ化

・コモンカードのゴミ量産

・新弾販売間隔が短すぎる

・作品限定カードのオーバースペック

 

特に、

・シャイニングトラペゾヘドロン(コストなしでデッキからキャラを出せるカード)

・バランス(最小限のキャラを残して、手札と場を破壊するカード)

・ワンキル各種

の放置が酷かった。

 

一枚で場を一変させるパワーカードで大会が荒らされた後、そのカードをエラッタで紙屑に変える。

この連続で、普通のプレイヤーもパワーカードを使っていたプレイヤーも離脱。

挙句の果てにハンドアドバンテージを無視したオーバースペックカードが乱発され、皆に見放される結果となった。

 

あまりにも販売頻度が高く、カード種類が多くなりすぎたのも破綻の原因か。

後半は誰もがワンキル(手札をぐるぐる回して1ターンで勝つ)を探し、フェスタを制するようになってしまった。

これでは続けようと考えるほうが難しい。

 

ゲームシステムとしては、間違いなく面白い。

正直今でも再びプレイしたいと思っている。

 

だが、金儲けしか考えないシルバーブリッツの顧客対応が、あまりにも酷すぎた。

TCGの成否を決めるのはシステムの優劣ではなく、プレイヤーの愛であることを忘れてはならない。