読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

ばるばろっさ! ~すすめ? 赤軍少女旅団~ 評価B ライトでマニアックな独ソ大戦

 カテゴリ:同人アダルトゲーム

ジャンル:第二次世界大戦SRPG

特徴:可愛い見た目に反して相当マニアック

 

『へべれけ! ~すすめ 赤軍少女旅団!』の続編。

 といっても話が繋がっているのではなく、前作と立場が逆になっている。

こちらは主人公がドイツ将校のエデルガルドで、戦車に乗って敵国ソビエトを打ち倒すことになる。

 

前作は史実通りソ連の勝利で終わったが、こちらは史実を捻じ曲げてドイツの勝利に進む。

バッドエンドになるよりはマシという配慮か。

前作キャラは全て捕獲できるため、前作で使えたキャラは全て使用できる。

っていうか、軍医(歯医者)が弱すぎて捕虜を使わないと勝ち目がない。

 

基本システムは前作と同じだが、全体的に改善されている。

特に移動時の命中率低下がなくなったのが嬉しい。

 

通常のSRPGと違ってキャラにステルス値があり、殴るか察知するまで見えないのがスリル。

何もいないと思って突出すると、あっという間に袋叩きになっていたりする。

まずは斥候で相手の位置を探り、それらしい位置に遠距離爆撃して、見つかったら戦車で砲撃。

戦車は前面走行より側面や後面が薄く、背後から攻撃が好ましい。

単純なSRPGでありながら、リアルな戦闘をよく再現している。

 

前作と違って全年齢版がないので、調教シーンがうざい。

戦略シミュレーション部分だけで十分面白いので、正直Hシーンはいらんと思う。

 

兵器は全て第二次世界で使われた物が使用されており、名前はマニアックすぎてとても覚えられない。

ケーニヒスティーガーとか言われても一般人は困る。

10回以上にも渡って戦車や火器の小話があるので、パトルの軍事博物館で満足できない軍事マニアな人はどうぞ。

 

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com