読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

魔訶魔訶 評価A 敵よりもバグと戦うクソゲー

カテゴリ:一般ゲーム(SFC)

 ジャンル:クソゲー、バグゲー、バカゲー

特徴:SFCソフトで一番バグが多い

 

世の中にバグだらけのクソゲーは数あるが、その中でも最も有名なのは魔訶魔訶であろう。

普通のRPGは敵モンスターと戦うものだが、魔訶魔訶はバグと戦う。

そう、バグこそが 魔訶魔訶の真の敵なのである。

 

ゲームソフトメーカーは出荷する前に入念なテストプレイでバグを探すものだが、この作品は間違いなくテストプレイをしていない。

していれば、絶対に修正されるような進行不可能バグが、山のように残っているからだ。

 

・移動中は主人公以外技を使えない。(リレミトも不可)

・いつの間にか防御力が一桁になる

・洞窟を進むと、途中から異次元に放り込まれる(脱出不可)

・攻略必須アイテムが普通の店で売れる

・ボス戦に負けると進めなくなる

・船から降りると、船が見えなくなる

・スタッフロールの文字が潰れて、読めない

 

こんなのはほんの一部で、どこでも有り得ない画面が出てくるのは日常茶飯事。

プレイヤーは、防御力がゼロになっていないかこまめに確認しながら、異次元空間に放り込まれないように寄り道しながら、慎重に冒険を進めていくことになる。

 

敵はマカマカ団じゃない!

バグだったんだ!

 

バグも酷いが、設定も酷い。

主人公の両親は悪の組織にミジンコにさせられ、仲間は変態しかいない。

ダンボールを着た老人、横綱にしか見えないプリンセス、オカマスケバン、ウルトラマンの露骨なパクリなど、人知を超越した変人・奇人ばかりである。

 

しまいには、ラスボス最終形態がHP1だったり、婆の手で空を飛んだりする。

どこまでがバグで、どこからが仕様なのかすら、未だにはっきりしない。

 

開発元のシグマは全て仕様と言い切っているが。

 

当然のことだが、本作発売後、シグマはゲーム事業から撤退した。