二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

天のおとしもの 評価B ロリコンには世界を守る義務がある!

カテゴリ:少年漫画(Gファンタジー)

ジャンル:ハートフルギャグファンタジー

特徴:ロリパワーに不可能はない

天界から降ってきた天使の少女と、子供好きの青年アーガイルによる心温まる物語。

・・・なのだが、途中からロリコンを要素を前面に押し出しすぎて、荒唐無稽なギャグ漫画になり果てている。

同じガンガン系列の「そらのおとしもの」とタイトルが似ているが、関連性はない。

天使が空から降って来るのは同じだが。

 

アーガイルは子供好きだが、性犯罪を犯すような人物ではない。

むしろ父親のような感じで、天使少女アップルや天使少年ももを溺愛している。

そもそも男女関係なく愛しているので、ペドフィリア・・・じゃなかった、ロリコンと呼ぶこと自体正確ではない。

 

ギャグマンガの弊害か、最初のうちはわりとまともな人間だったアーガイルも、連載が進むにつれて暴走が進み、次第に世界最強のロリコンとして猛威を振るうようになる。

ライバルキャラの学園長も人間を逸脱していき、ヒゲの力で世界を滅亡させようとするなど、だんだんテンションがおかしくなっていく。

伝説のロリコンソードを手に、100万ロリパワーを消費して大魔獣ロリゴンを討伐するようになってくると、ロリコンとは何だったのか酷く疑問に思えてくる。

どうやらこの世界は、ロリコン達の強大な力によって支えられているらしい。

 

ロリコンには、世界を救う義務がある!」

 

「いつからロリコンにそんな大層な義務が課せられたんだ・・・」

 

住吉文子氏のロリコンの定義が非常に怪しいところではあるが、ぶっ飛んだギャグは面白いし、アーガイルのことを「アーガイゆさん」と舌足らずに呼ぶアップルはとても可愛い。(腹黒毒舌だけど)