読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

有害都市 評価B 行き過ぎた漫画規制の行く末

漫画批評

カテゴリ:一般漫画(となりのヤングジャンプ)

ジャンル:社会風刺漫画

特徴:有害図書認定がリアルすぎてヤバイ

漫画における表現の自由の侵害を描いた怪作。

舞台は2020年東京オリンピック前の日本で、「健全図書法」により多くの漫画が規制を受ける。

残酷な表現、暴力的な表現、性的描写は世の有識者によって判断され、有害図書認定を受けたうえで、販売中止や回収の処分となることもある。

 

作中では「人を食う病原菌」が蔓延したバイオハザード的な漫画が主題になるが、規制を回避するために内容を変更したり、Web漫画に移行したり、これでもかと妨害と戦うことになる。

基本的には残酷描写に対して規制が入るが、段々エスカレートしていき、

・煙草を吸っている青年が高校生に見える

・怪我をした少女が喘いでいるのが性的に見える

といったやりすぎな指摘もあり、公開裁判や強制プログラムまで行われる。

 

「小便小僧は性器を丸見えにした児童ポルノだから破壊する」

の論理は、正直笑った。

この国の有識者は、アホしかいないのか。

 

端から見るとあり得ないほど厳しい規制だが、現実に似たようなことは度々起こっている。

作中の健全図書法は、

「殺人犯の家からそれを示唆する漫画が発見され、マスコミによって拡散された」

という事件が元で成立したことになっているが、これこそ事件が起こる度に漫画やアニメ、オタクが叩かれる歪んだ報道体制そのものだろう。

また、同作者の「マンホール」は実際に長崎県から有害図書認定されているため、事実を元にしたフィクションと言えるかもしれない。

 

実際に編集者が漫画の表現にチェックを入れ、訂正させることは珍しくないようだ。

デスノートは、PTAの苦情によって路線変更を余儀なくされたと言われている。

露骨な障害者やヘイトスピーチに関する内容は、少年漫画にはまず出てこない。

漫画では良くても、アニメ化やドラマ化で内容が修正されることも多い。

戦争漫画(キングダム)の指切断でさえ放映できないのは、正直やりすぎだと思う。

 

規制というのは国民の意思が及ばない所で決定され、一度決まると際限なくエスカレートしていくものである。

「暴力表現なんていらない」

「規制されてもロリコンだけしか困らない」

なんて楽観していると、いずれ全ての創作が死に絶えるだろう。

 

有害都市のような 世界が現実にならないことを強く願う。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

有害都市 上【電子書籍】[ 筒井哲也 ]
価格:500円 (2016/8/1時点)