二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

アニメポケモンと漫画ポケスペは全然違う

アニメ「ポケットモンスター」と漫画「ポケットモンスターSPECIAL」はいずれも同じゲームを原作とする長寿作品ですが、内容には相当な差異がある。

子供向けで躍動感を大事にするアニメと、とにかくマニアックでディープなポケスペは、支持する層が全く違うのではないだろうか。

 

<アニメ版の特徴>

・主人公が一貫してサトシ

・ストーリーはほぼオリジナル

ロケット団以外の悪の組織はあまり活躍しない

・タイプ相性がいい加減

・特性が殆ど無視されている

・技が本来と違う使い方をされることが多い

・アクション性が高い

・近年作画が急に良くなった

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【中古】DVD▼ポケットモンスター XY 21▽レンタル落ち
価格:2999円(税込、送料別) (2016/8/16時点)


 

ポケスペの特徴>

・章毎に主人公が交代するが、過去の主人公も登場する

・原作に合わせて物語が進行し、ジムリーダーを巻き込んで派手な展開を見せる

・悪の組織と戦いが多く、伝説のポケモンがラスボスになることが多い

・タイプ相性など基本設定に忠実

・特性など細かい設定がやたら活用される

・技の使い方は多彩

・作画はたいしたことはない

・たまに人間も戦う

 


 

10年前に比べるとXYのアニメは格段に作画が向上しており、そのバトルは目を見張るものがある。

メガ進化も乱発するので、大迫力のバトルを観たいならこちらが良い。

 

しかし、相変わらずアニメのストーリーは杜撰で、設定無視も多い。

原作基準で見ると、首と傾げてしまうのは否めない。

 

ピカチュウが電撃で地面タイプを倒す

・サトシがゴーストタイプ相手に体当たりを指示する

・冷凍ビームと超音波がぶつかり合って相殺する

 

苦手なイワークイシツブテを下し、メタグロスバンギラスを圧倒するピカチュウは特別強い個体なのだろうが、いくらなんでも違和感が拭えない。

あと、何年も旅をしているのだから、サトシはもうちょっと成長していいと思う。

 

良くも悪くもいい加減なアニメに対して、漫画ポケスペはかなり原作に忠実。

なにせ全作品の主人公(レッド、グリーン、ブルー、イエロー、ゴールド、シルバー、クリスタル、ルビー、サファイア、エメラルド・・・)が総登場するのだから、原作愛にも程がある。

イエローやエメラルドあたりは、似ても似つかないキャラになっているが。

 

ポケスペの戦いはアニメほど派手ではないが、異様に堅実でタイプ相性や特性を上手く利用したテクニック重視のバトルが多い。

中には図鑑にちらっと書いてあるだけの要素が出てきたりと、相当原作をやりこんでいるのが見て取れる。

 

エメラルドのレンタルポケモンバトルや、「絶対零度は1でもレベルが高いと当たらない」など原作プレイヤーでも忘れている要素が頻繁に出てくるので、原作知らない人には意味不明な作品かもしれない。

逆にカントーVSジョウトのジムリーダー対決」とか「鎧着たおっさんがポケモン相手に無双」みたいにぶっ飛んだ展開も多い。

 

気合の入ったバトルで子供に人気のアニメと、原作ファンでもマニアックな層に支持されるポケスペ

どちらも10年以上続く息の長いポケモン作品だが、両極端な作品が残ったものである。