読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

遊戯王デュエルモンスターズはクソゲーばかり

遊戯王デュエルモンスターズTCGはそれなりに遊べるバランスだが、家庭用ゲーム作品は本当に酷い。

DS以降の作品はまだマシなのだが、GBAやPS作品はクソゲーが多すぎる。

せっかくなので、何がそんなにクソなのか説明しよう。

 

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ⇒モンスターの攻撃力が全て
遊☆戯☆王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 
遊☆戯☆王デュエルモンスターズIII 
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記⇒分割商法
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ5
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ6⇒積み込みオンパレード
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ7 決闘都市伝説⇒最低のシステム
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ8 破滅の大邪神⇒理不尽の塊
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX めざせデュエルキング! ⇒バグ多い
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ エキスパート2006

⑪ 遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズ ~封印されし記憶~⇒ポケステ必須

 

生贄召喚がない1,2がゲームとして成り立っていないのは言うまでもない。

しかし、それ以上にクソゲーとなっているのが、以下の三作。

 

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ7 決闘都市伝説


 

カードゲームというよりRPGのヌルゲー。

ゲームシステムは初代並みに退化しており、融合すら不可能。

適当にデッキキャパシティを上げて強いカードを入れれば、それだけで勝てる。

カウンターができないTCGが面白いわけないだろ。

 

モブキャラが海馬などのトッププレイヤーを褒め称える台詞があるが、

凄いのはカードだ!

プレイヤーじゃない!

と叫びたくなった。

 

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ8 破滅の大邪神


 

7のクソさをそのままに、理不尽なまでに難易度を上げた鬼畜作品。

1戦毎にLPが回復しないため、何戦かすれば雑魚相手でも死ぬ。

対戦相手のLPが固定されておらず、ストーリーが進むほど上がっていく。

終盤の相手のLPは20000程度あり、クリア後の闇のゲームではさらに高くなる。

スタッフはTCGは同条件で行うゲーム」という原則を知らんのか?

 

最も酷いのは、神のカード「ラーの翼神竜」が本当に神であること。

倒されるとフェニックスモードで復活するのはまぁいいが、普通に捨ててもフェニックスで再誕する。

 

手札を捨てるだけで、

生贄なしで攻撃力4000が誕生!

神だから罠も魔法も効かない!

出た時点で勝ち確定!

 

敵がクソ強いので、ラー以外を使って闇遊戯や闇獏良を倒すのは至難の業。

結局神が引けるかどうかの運ゲーでしかない。

 

⑪遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズ ~封印されし記憶~


 

唯一のPS作品。

おそらくシリーズで最も難しい。

というか、ポケットステーション+リモコンでカードをゲットしないとクリア不能。

 

生贄や儀式といったシステムがなく、普通にブルーアイズ以上のモンスターが出てくる。

終盤の敵はゲートガーディアンやブラックデーモンズドラゴン、究極完全体グレートモスをポンポン出してくるので、こちらも同じくらいのモンスターが必要。

しかし、リモコン以外ではほとんど手に入らない。

カード番号入力でカードを手に入れることもできるが、必要なスターチップが膨大なため実質無意味。

 

サンダーボルトやウイルス、万能地雷グレイモヤといった今では禁止級のカードも完全に野放し。

完全にパワーカード次第なので、プレイングの介在する余地がない。

 

ちなみにシリーズで一番面白かったのは、遊☆戯☆王デュエルモンスターズ6

後攻1ターン目に必ず海馬様がワンキルしてくる、素敵なゲーム。

 

初手サンダーボルト

⇒デビルフランケン

⇒ブルーアイズアルティメットドラゴン

⇒巨大化

⇒ダイレクトアタック

という確率的にあり得ないことが100%成立する。

ちなみに遊戯も同じような感じで、マグネットバルキリオンの融合が確実に成功する。

 

原作からして「手が光ってその場に最も必要なカードが引ける不思議なゲーム」なので、原作通りだよね!

そういえば、引いた後にカードが変化したアニメもあったっけ?

 

このように、初期の遊戯王ゲームは原作漫画の悪い部分を忠実に受け継いでいるため、ゲームバランスが極めて悪い。

原作からして話の都合でゲームシステムやカードテキストを書き換える無茶苦茶な作品なので、派生作品がデタラメなのも仕方ないだろう。

 

遊戯王に緻密な戦略を求めてはいけない。

理論も確率も整合性も無視して、その場のノリで熱い戦いを繰り広げてくれるのが遊戯王DMなのだ。