二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

デストロイアンドレボリューション 評価B 超能力テロ漫画

カテゴリ:一般漫画(ヤングジャンプコミックス)

ジャンル:テロリスト

特徴:超能力による社会変革

 


 

テレビを見て、

「超能力が使えたらこの政治家を殺してやるのに」

と思ったことは誰でも一回ぐらいあるだろうが、実際にそれをやっている漫画。

作者は自殺島ホーリーランドで有名な森恒二氏。

 

主人公達はワンネスという超能力を持ち、その力によって各国の政府を脅し、理想の社会を作ろうとする。

デスノートのキラのような単純なコンセプトではあるが、その描写が丁寧で面白い。

 

アメリカ合衆国の基地を襲撃したり、戦艦を沈めたり、宇宙ステーションを乗っ取ったり、その活動は日本の漫画とは思えないほど過激。

最後には米国が日本に核爆弾を投下するのだが、よくこの内容が通ったものだと思う。

 

衝撃的な展開とワンネスの設定は素晴らしいものがあるが、難点は結末がかなり酷いこと。

ぶっちゃけ打ち切りなんじゃないかというぐらい、最終回のオチが唐突。

米国との戦争も人間関係も全て吹っ飛ばして、宇宙に逃げる結論には失望した。

リライトも最後は同じことを言っていたから、考え自体は間違っていないと思うのだが、無責任にもほどがある。

内容がヤバすぎて、どこかの機関から圧力でもかかったのだろうか?

 

戦争派(ユウキ)より穏健派(マコト)を強く設定しすぎて、バトルがつまらなくなったのも気になる。

ワンネス(世界と調和する力)とテロリスト(秩序を乱す者)が、上手くかみ合わなかったのかもしれない。

結局のところ理想を知らずに社会だけを批判することに無理があったのだろう。

 

ただ気に入らない連中を殺しても、完璧な世界は作れない。

若者が夢を叶えるためには、自分の力で新天地を切り開くしかない。

そういうことかねぇ。