二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

ダンジョン飯 評価B+ 読むだけで腹が減る冒険譚

カテゴリ:一般漫画(ビームコミックス)

ジャンル:クッキングファンタジー

特徴:魔物料理がめっちゃ美味そう

 


 

食費に困った冒険者が魔物を食材にして料理する漫画。

基本はウィザードリィのような迷宮でモンスターと戦う世界観だが、それぞれの怪物が生物として緻密に描写され、調理されていく過程が非常に面白い。

 

マタンゴバジリスクなどいかにも植物・動物っぽい魔物を食べようとするのはわかる。

しかし、この漫画は水の精霊であるウンディーネや、一見鉄の塊でしかないリビングアーマーすら平気で料理に組み込む。

しかもダンジョンのトラップを利用して食材を切断したり、油で揚げたりする。

何でも料理に利用とする発想の柔軟さは、特筆すべきものがある。

 

化け物を食う漫画といえばジャンプの『トリコ』が有名であり、やはり「食べるために戦う」というのは人間の本能を揺さぶる行為であり、圧倒的な説得力がある。

本作のバトルはトリコほど派手ではないが、その代わりに食材の調理に力を入れている。

殆ど生で敵を食っているトリコと違い、複数の食材を組み合わせて栄養のバランスを取りつつ、食中毒や寄生虫にまで配慮する気遣いが素晴らしい。

あと、ゲテモノ料理にドン引きするエルフ少女(マルシル)がとっても可愛い。

 

クラーケンやマンドラゴラなど普段敵としか扱われない魔物達が、料理になるとこうも美味しそうに見えるのはなぜだろう?

本当に、これを読むと腹が減ってしょうがない。