読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

セクシャル・ハンター・ライオット 評価B クソ真面目なセクハラ漫画

漫画批評 小説批評

カテゴリ:ライトノベル⇒漫画

ジャンル:エロ漫画に見せかけたシュールギャグ

特徴:セクハラが真面目すぎて笑ってしまう

 


 

虚夢(キリオーニラ)という化け物から人類を救うために戦うヒーローの物語。

ただし、戦うためのエネルギーは性欲

過去の激戦で力(性欲)を使い果たした少年は、友人の少女達にひたすらいかがわしい行為を繰り返し、怪人と戦うための力を蓄える。

どこかのエロゲーで見たような設定だが、とりあえずエスカレイヤーとハルカに謝れ。

 

一般漫画にしては相当過激な描写も多く、ジャンプのToloveるよりあからさまな性的描写もある。

幼馴染の少女にパンツを見せてもらったり、チョコバナナをしゃぶらせたり、可愛らしい絵柄でなかなかに強烈なプレイが多い。

小学生女子のスクール水着を男が着たり、パンツを聖剣(エクスカリバー)に変えたり、どんどんエスカレートしていく展開に脱帽。

 

絵柄だけ見るとエロ重視に思えるが、これをギャグ漫画たらしめているのは主人公が常に真顔であること。

ヒロインの胸を揉む時も、スカートをめくる時も、パンツを脱がせるときも、この主人公には性欲がないため常に表情が変わらない。

リトのよう赤面することも、悪びれることもなく、正義のために堂々と要求する姿がカッコいい。

命の危険が迫る大ピンチの中、シリアスな顔でパンツ食ってパワーアップするとか、あんたマジ漢だよ。