二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

ポケットモンスターレジェンド 評価C- 何かがおかしい改造ポケモン

カテゴリ:改造ゲーム(ゲームボーイアドバンス)

ジャンル:ポケモンRPG

特徴:ポケモンと無関係なキャラが多く登場する

 

ファイアレッドを改造したゲームの一つ。

ジャンプ漫画を含む数々の作品のキャラがポケモンとして登場する。

 

原作同様最初に一匹を選ぶことになるが、なんと

ピカチュウ

・エレキオス

カービィ

の三体から選択。

初期状態から「そらをとぶ」を覚えているカービィの強さに脱帽。

 

町の北に出て草むらを歩いていると、出てきたのはコラッタではなくドラえもん

見た目通り鋼タイプなので硬い。

戦ってレベルを上げると何に進化するのかと思いきや、あろうことかナルトに進化。

しかも九尾の狐状態というのだから意味がわからない。

 

その他にもポケモンが漫画キャラだったり、一見普通のポケモンでも育てたら別作品のキャラに進化するため、その度に頭を抱えることも請け合い。

 

カービィ(ノーマル飛行)→Fカービィ(格闘飛行)

空を飛びつつドレインできる優秀キャラ。

進化後にムーンストーンを使うと、また元に戻る。

 

ピカチュウ→GOD

サンダーストーンでライチュウになると思いきや、まさかの神へ進化。

ヌケニンと同じ特性を持っているため、地面以外の攻撃が無効。

完全にチートだが、こいつがいないとクリアは難しい。

 

ドラえもん(鋼)→ナルト4(悪炎)

どうしてドラえもんが全くタイプの違う狐になるのやら。

進化後はケッキングと同じで、強いが2ターンに一度しか動けない。

 

・サスケ(格闘炎)→サスケJ(悪炎)→サスケ2(電気エスパー)

進化する度にタイプが変わる変わり種。

呪印状態になったり正義に目覚めたりするので、ある意味原作に忠実。

 

古手梨花(格闘エスパー)

特性はヨガパワー。

どう見てもチャーレムです。

 

ニャース夜神月(悪)

死神の鎌を持ち、原作通りデスノートを使用。

しかし、未来予知と同じなので強くはない。

 

黒崎一護(鋼格闘)

鋼タイプで加速の特性を持つ優良ポケモン

刀を持っているのに、なぜかいあいぎり(ししソンソン)を覚えない。

 

他にも前原圭一、ルフィ、ゾロ、のび太我愛羅六道骸など古今東西の漫画・ゲームのキャラが大集合。

技名も作品に合わせて入れ替えてある(ものまね→写輪眼)ため、ニヤリと来る場面が多い。

 

残念ながら未完成であり、バグも非常に多い。

というか、バグなのか仕様なのかよくわからない点が多すぎて困る。

適当な家やポケモンセンターに入るだけでもバグって脱出不能に陥るため、お世辞にもプレイしやすいとは言えない。

 

最初の研究所からしてレベル80~100のポケモンがゴロゴロしているので、無敵のGODを使っても厳しく感じるほど。

特にファイヤー、サンダー、フリーザー(レベル90で地震持ち)を使ってくるサカキが鬼畜すぎる。

 

一番酷いのは、出入りが有料ポケモンセンター

パソコンを使うために入るだけで200円取られ、回復すると「2000円払えやコラ!」ジョーイさんに恫喝される素敵仕様に泣いた。

 

この作者、ホントにいい趣味してるな。

ぜひ完成版をプレイさせてほしい。