二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

クリス・クロス―混沌の魔王 評価B SAOの元になったVRMMOライトノベル

カテゴリ:ライトノベル(電撃文庫)

ジャンル:バーチャルRPGノベル

特徴:設定がSAOと殆ど同じ

 

ソードアートオンラインを初めて読んだときの感想は、設定に全く新鮮味がないということだ。

その理由は、SAOより十年以上前にクリスクロスというライトノベルを読んだから。

クリスクロスの話をまとめると、以下のようになる。

 

・新作ヴァーチャルリアリティゲームに参加

・途中から急にログアウトできなくなる

・怪我をしたら痛みを感じ、ゲーム内で死ぬと現実でも死亡する

・誰かがゲームをクリアするまで、全プレイヤーは解放されない

・デスゲームを仕組んだ犯人は開発者

・仲間の中にスタッフがこっそり入り込んでいる

 

主人公のゲイルの職業が盗賊だったり、全体的に大人びたキャラが多かったり、細かな差異はあるが、設定の殆どが同じ。

SAOのファンがクリクロを読めば、あまりの類似性に驚くだろう。

 

別にSAOやログホライズンパクリと呼ぶつもりはない。

MMOをテーマにした作品は沢山あるし、空想の世界ではゲームの世界に閉じ込められるのは日常茶飯事だ。

だが、同じ電撃ゲーム大賞で受賞したクリクロがそこそこ有名だっただけに、「もうちょっと捻れよ」と思ったのも確か。

 

クリクロにはSAOのような萌え要素はないが、話としてはよくまとまっている。

むしろこの内容がたった1巻でよくまとめたものだと思う。

SAOのようなご都合主義は少なく、登場人物や行動に説得力があるのも良し。

 

・戦士や魔法使いを選んだプレイヤーが多すぎて、僧侶職が足りなくなる

・ヒーラーがMPをケチって仲間を死なせ、嫌われる

・装備が足りないので倒した鬼面武者から剥ぎ取る

 

といった実際のゲームでありそうな描写が多く、話に入り込みやすい。

非現実を利用した過酷なトラップや、仲間の死を乗り越えてドラゴンに挑むラストバトルも熱い。

総合的に見ればSAOより面白かったと思う。