読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

水神の生贄 評価A- 神は人の願いなど叶えない

漫画批評

カテゴリ:少女漫画(フラワーコミックス)

ジャンル:恋愛ファンタジー

著者:藤間麗

特徴:水神に屈せず懸命に生きる少女が美しい

 


 

「神様と生贄に捧げられた少女」と言うと、いかにもなテンプレ。

大抵「神様が意外と優しくてカップル成立」か「神様が外道で性欲のはけ口」のどちらかになりそうな気がするが、本作はどちらでもない。

水神は人間ではないので、人に愛情など持たない。

もちろん、欲望の対象にもしない。

ただ人間の滑稽な振る舞いを見て、嘲笑うのみである。

 

日照りが続けば人は竜神に祈るが、それは神が雨を降らす理由にはならない。

人間がいくら死のうが、神仏には何の関係もないのだから。

巫女の力を巡って村同士が争おうが、神がそれを止めることはない。

俗世のことなど、天上には何の関係もないのだから。

それなのに人は神が願いを叶えると信じ、天災や病気を神の怒りと恐れる。

 

人はみんな、自分以上の力など持ち合わせてはいない。

くだらない迷信に憑りつかれて少女を湖に沈めた愚かな人間。

気まぐれでしか動かず、ただ嗤うだけの邪神。

実に愚かで、救いようがない。

 

そんな両者を、一人の少女がどう変えていくのか。

力なき人間と心なき神に、何を伝えるのか。

これはそういう物語である。