二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

ランブルバースト 無課金攻略のコツ

カテゴリ:ブラウザゲーム(ベクターゲーム、ニコニコアプリハンゲーム)

ジャンル:ターン制カードゲーム

 

遊戯王のモンスターを三国志に置き替えただけに見えるランブルバーストだが、実は遊戯王より戦略性が高い。

召喚が毎ターン1体ではなく、ターン毎に貯まる召喚コスト(CP)を次ターン以降に持ち越せるためだ。

ただ殴ってライフを減らすのではなく、お互いにテンポアドバンテージ・ハンドアドバンテージを計算し、相手より有利な状況に持って行くのが勝利の鍵となる。

この辺はハンドアドバンテージが勝敗に直結したLyceeプレイヤーは理解しやすいと思う。

 

課金限定のSRをガン詰みした重課金者にカードパワーで勝つことはできないが、手札枚数やCPはどちらも平等。

きちんとアドバンテージの概念を習得していれば、無課金でも上位20位くらい難しくはない。

実際無課金でエセ賢者は無課金で上位に行っている。

 

例えばキャラを破壊するとしても、1コストのキャラと2コストのキャラでは話が違う。

手札から「火攻め」を使って破壊するのと、殴って破壊するのも違う。

 

・火攻めで1コストキャラを破壊⇒手札1枚で手札1枚とCP1を奪う⇒CP1のアド

・火攻めで2コストキャラを破壊⇒手札1枚で手札1枚とCP2を奪う⇒CP2のアド

・攻撃で1コストキャラを破壊⇒手札1枚とCP1を奪う⇒手札1+CP1のアド

・1コストキャラで2コストキャラと相打ち⇒CP1のアド

・ミラーフォースで1コストキャラ2体を破壊⇒手札1+CP2のアド

 

キャラの召喚は手札+CPの等価交換。

それを破壊するのは、ハンドとCPを奪っているのと同じこと。

いかに効率よく相手のキャラを破壊し、自分のキャラを破壊させないかが重要になる。

このゲームのミラーフォースは遊戯王と違って禁止・制限カードになっていないので、複数のキャラを破壊されたらそれだけでアウト。

3コスト攻撃力9のレアカードも、除去られたら大損。

徹底的に守るか、低コスト以外極力使わないのが賢明。

 

トラップがアドを取りやすいため、うかつに殴ると大抵負ける。

伏せカード対策を練った上で挑むべし。

相手も伏せカードを警戒して攻撃しないことが多いので、ブラフで適当なスペルを伏せて置くのもいい。

 

無課金でもアドを取りやすい戦術を以下に紹介する。

 

①桃園の誓いデッキ

劉備+関羽+張飛の三兄弟を「桃園の誓い」で召喚するデッキ。

劉備を出すだけでスペル「桃園の誓い」が手に入り、ノーコストで手札と墓場からキャラが出る。

関羽張飛は1コスト最強の攻撃力を持っているので、殴るだけでアドが取りやすい。

初心者は蜀パックを買いまくって作るべし。

 

②雪華デッキ

素材がクリスマス・正月キャンペーンで手に入ったため、猛威を奮っているデッキ。

おそらく現環境最強。

雪原は対応キャラを強化するとともに、雪華以外の墓場利用を禁止する

そのため蘇生系のデッキは壊滅的被害を受ける。

自分はだけは被害を受けないとか、マジ鬼畜。

登場時に雪華キャラを回収できる趙雲やバウンスできるDP5、雪原中にキャラが死ななくなるトラップなど非常に強力なカードが揃っており、サーチも優秀。

非常に強力なデッキだが、ミラーは先に雪原を出したほうが負ける泥沼ゲーになる。

 

③八建将騎馬デッキ

呂布が使ってくるデッキだが、重いので呂布を入れずにウィニーにした方が強い。(おいおい)

召喚時に騎馬を出せるキャラや、仲間がいるとノーコストで出るキャラなどで、とてもキャラが湧きやすい。

スペックは微妙だが、騎馬突撃で敵が除去できる上、手札からAP+2できるキャラもいるため、止まらずに殴りきれることが多い。

 

袁術ゲー

トラップで相手を止め、毎ターン敵をバウンスできる袁術で蹂躙するだけ。

決まると場が壊滅するため、すごい嫌われる。

裏カード潰しや能力カウンターに弱い。

 

わりと面白いゲームなのだが、現在プレイヤー人口がかなり少なく、マッチングが成立しにくい状況だったりする。

遊戯王経験者はプレイしてくれると、エセ賢者が喜ぶ。

 

ニコニコアプリ ランブルバースト

http://app.nicovideo.jp/watch/ap502

 

懐を傷めずタダで課金したい方はポイントサイトを利用しましょう!

 モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

ポイントインカム

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム