読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

ウチにテレビはありません 評価B NHKと受信料未払い者の仁義なき戦い

漫画批評

カテゴリ:一般漫画(チャンピオンコミックス)

ジャンル:シュールギャグ

著者:オクショウ

特徴:NHKの手口が酷すぎる

 


 

公共放送機関であるMHK(NHK)が未払い者から強硬に受信料を取り立てていく漫画。

その徴収手段は常軌を逸しており、どう考えてもコストが合わないのだが、何が何でも受信料を奪い去っていく無茶ぶりが笑える。

 

「テレビがないので払いません」

⇒友人に偽装して部屋をチェック

 

「今お金がないので払えません」

⇒火事を起こして、財産を持ち出させる

 

NHKが映らないから払いません」

⇒家ごと引っ越して映るようにする

 

たかが3000円の料金のために婚姻届けやドローンを用意したり、アイドルの握手会を開催したり、放送局すらジャックする執念に脱帽。

ここまでやられたら、NHKを見ていなくても払ってしまいそうだ。

現実に集金を行っているのはNHKの下請け業者でしかなく、こんな犯罪じみた真似をしたらあっという間に会社が潰れてしまうわけだが。

 

設定上は集金者が主役で視聴者が敵役になっているが、作者はおそらく未払い者側の味方だと思われる。

というのも未払い四天王の論理はいずれも筋が通っており、人間離れした凶行を行っているのは集金人のほうだからだ。

 

「なんで観ない人が払わないといけないの?」

 

「それって詐欺じゃないの?」

 

「電気や水道は止めるのに、なんでNHKスクランブルにしないの?」

 

NHKのやっていることはエロサイトの架空請求と同じ!」

 

一応物語の上では集金に成功しているが、どう考えても徴収を拒否するほうが正しい。

NHKの不条理を紙面で表現してくれたことは、本当に勇気ある行動だと思う。

今後公的機関から何らかの圧力がかかるかもしれないが、オクショウ先生と秋田書店には外圧に屈せずこの道を貫いてほしい。