読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

NHKベストアニメ投票1位のタイバニはそんなに名作なのか?

TIGER & BUNNY 評価B+

カテゴリ:アニメ

ジャンル:ヒーローアクション

特徴:商業広告と年齢による衰えを伴った妙に現実的なヒーローバトル

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 【通常版】【Blu-ray】 [ 平田広明 ]
価格:4665円(税込、送料無料) (2017/5/6時点)


 

NHKの投票でタイバニが1,2位を独占していたが、3位の「魔法少女まどか☆マギカ」や7位の「コードギアス」を凌ぐ人気作品かは疑問。

そもそも劇場版と通常が別々にランクインすること自体が変。

明らかに組織票の影響はあるだろう。

ランキングなどというのは母数次第でどうにでも変わるので、順位を気にするのは無意味なのかもしれない。

 

しかしながらタイバニが駄作かというとそんなことはなく、今まで観た中でもわりと面白いアニメであるのも確か。

特に他のアニメには見られない2つの要素を持った挑戦的な作品だったと記憶している。

 

特徴の一つは、アニメ内に企業の宣伝が含まれていること。

テレビアニメは映像の合間にCMを入れてスポンサーの商品やサービスを周知するが、タイバニは直接アニメ映像に企業名をブチ込んでいる。

 

・ワイルドタイガー…SoftBank、S.H.Figuarts、ロッテ、(FamilyMart
・バーナビー・ブルックス・Jr.…BANDAIamazon、クルセイド
・ゴールデンライアン…BANPRESTO、TANITA、DARTSLIVE  
・ブルーローズ…pepsi(テレビ版ではpepsi NEX
・ロックバイソン…すき家、日清 太麺堂々、(牛角
ドラゴンキッドCalbeeDAM、(DMM.com
・ファイヤーエンブレム…ドミノ・ピザ、animate、(FMV)
・スカイハイ…USTREAM、TAMASHII NATIONS、MOVIX、T・JOY
・折紙サイクロン…ナンジャタウンDMM.com大江戸温泉物語、BVC

 

ヒーローがソフトバンク牛角の名前の入ったスーツを着て戦うのは、実にシュール。

実際の宣伝効果がどれほどあったかはわからないが、アニメの収益化の手段としては非常に面白い試みだった。

(後に「ばくおん」が二輪車メーカーの宣伝をアニメ内で行っている)

 

もう一つの特徴は、主人公が衰退期に差し掛かった中年であること。

日本の漫画のヒーローは成長期の少年であることが多く、強敵と戦いながらどんどん強くなっていく傾向がある。

しかし、本作の主人公である鏑木・T・虎徹は大きな娘までいる中年である。

能力が「5分間しかもたない身体強化」という欠陥品の上、老化によって段々持続時間も低下していく。

しかも頭も良くなければ、かなり不器用な方であるため、余計な破壊活動をしてスポンサーや上司に叱られることも多い。

初期の頃はヒーローというより、会社によくいるうだつの上がらない社員みたいな印象が強かった。

そんなダメヒーローの虎徹がバーナビーと出会ってトップヒーローまで登りつめ、その上で自身の衰えと向き合っていく。

こういったサラリーマンに共感できるストーリー展開は、他のアニメではまず見られないだろう。

 

若々しくて単純な英雄像が蔓延るアニメ業界で、大人の事情と現実的な視点を備えた作品は非常に少ない。

全アニメのトップに相応しい作品とまでは思わないけれど、多くの青年ファン(と腐女子)に支持されるのは理解できる気がする。