二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

ゴブリンスレイヤー 評価B+ 小鬼だけを虐殺する英雄

カテゴリ:ライトノベル→漫画

ジャンル:異世界ダークファンタジー

特徴:ゴブリンさえ殺せばそれで良い

 


 

ひたすらゴブリンを狩る冒険者を描いた漫画。

動機が復讐か使命感かは不明で主人公の表情すら見えないが、ゴブリンをブチ殺すことにかけては右に出る者はいない。

アンケートページにも「アンケートよりゴブリン退治だ!」と記載されている徹底っぷりで、この作者は小鬼になにか恨みでもあるのだろうか?

 

灰と幻想のグリムガル」のように雑魚モンスターの凶悪さを描いた作品は珍しくないが、本作の残酷描写は群を抜いている。

村を襲い、資材を奪い、女を攫うゴブリンの凶悪さは、ただ獲物を食らう怪物と違って実に生々しい。

人外によるレイプシーンはかなり露骨なので、それも人気の理由の一つかもしれない。

 

ゴブリンは平気で人間に危害を加えるが、ゴブリンスレイヤーによる報復はその比ではない。

命乞いをしていようが、躊躇いなく惨殺。

死んだふりをしていても、きちんとドドメをさす。

生まれたばかりの赤子であっても、容赦なく頭をカチ割ってくれる

 

最近はゲーム感覚で敵を狩るか、敵と対話で共存を図る生ぬるいファンタジー作品が多く、他種族と殺し殺されるカタルシスを忘れがちだ。

そんな時はこの作品を読んで、生存競争の残酷さを思い出してほしい。