二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG 中章 評価A ポケモン+ドラクエ以上のやりこみゲー

カテゴリ:アダルトゲーム

ジャンル:モンスター逆レイプRPG

特徴:エロゲというよりやりこみ育成ゲームとして見るべき

 

もんぱら前章の続編だが、もんむすの数が大幅に増加し、仲間にできるキャラだけで300体以上存在(バトルファッカーや男も含む)する。

全てのキャラに対してドラクエ同様(というかそれ以上)の転職と転種ができるため、全部育てようと思ったら何年かかっても終わらない

当然全部のもんむすに敗北・おねだり時の逆レイプシーン(逆転なし)が存在するため、それを全て見るだけでも膨大な時間がかかるだろう。

中には人間とはかけ離れたモンスターも複数存在するため、見たくないものも多々あるのだが。

ゾンビや触手のHシーンとか、いったい誰得なんだか。

 

同人絵師の絵には当たり外れがあるので、正直エロゲとしての実用性は疑問。

あかざわREDのアルマエルマやグランベリアあたりは文句なしだが、瀬戸内などはやはりレベルが低い。

ガチ18禁の作品ではあるが、RPGとしての完成度とシナリオの方を重視したい。

 

本作では黒のアリス(過去の魔王)や勇者ハインリヒ、アルマエルマ(四天王)、各種クィーンモンスターが仲間になるため、前章のモンスターが若干見劣りするのは否めない。

しかし、職業と種族、ドーピングによって誰でも強くなれるので、好みのもんむすを見つけて、それをひたすら鍛えるのが鉄則だろう。

シナリオ上の分岐は多いが、周回プレイがあるため何度でも好きなメンバーで進むことができる。

 

ちなみに私は、

・パンツ先生(パンツを盗むだけしか能がない人)

・オーラン(素材を盗む鍛冶師)

だけをひたすら使っていた。

もちろん人間だから弱いし、攻撃系の特性も一切ないのだが、それでも鍛えれば最強になるのだから驚きだ。

中章で人間からワームサマナーや吸血鬼に転種できるようになったのも大きい。

次はスカトロ大佐(シャアのパロディ)と花京淫(ジョジョのパロディ)でも育てようか。

ちなみにダザイ(太宰治のパロディ?)が諸事情でボツになっていたが、この二人が良くてダザイがダメな理由がわからない。

 

ところで、花京院の固有アビリティが

そして集いしスターダスト
100年目の目醒めに呼ばれて
男たちは向かう
時の砂を越えるJourney

になっているのだが、いったいどういう効果なのだろうか?

本気でわからないので、わかる人がいたら教えてほしい。

 

無数のモンスターを育てるゲームといえば、やはりポケモンが真っ先に思い浮かぶ。

「つよいポケモン よわいポケモン 
 そんなの ひとの かって
 ほんとうに つよい トレーナーなら
 すきなポケモンで かてるように がんばるべき」

とはポケモン四天王カリンの名台詞である。

これは素晴らしい思想だと思うが、実際のポケモンは弱いモンスターを育ててもたいして強くはならなかったし、強力な技も覚えなかった。

そもそも種族値の限界があるのだから、伸びしろがなさすぎる。

愛さえあればいくらでも強くなれるもんむすにこそ、この言葉を使ってほしい。

 

ちなみに中章には前章(BFとおねだり以外)が含まれているので、バトルファックを追加しないなら前章を買う必要はない。