二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

手塚治虫監修世界の歴史 評価C 宇宙人が飛び交う禁断の歴史書

カテゴリ:一般漫画(中公コミックス)

ジャンル:歴史漫画

特徴:捏造だらけで全然歴史の勉強にならない

 

 

「世界の歴史」というタイトルから楽しんで歴史を学べる漫画だと思いがちだが、本作は歴史を殆ど無視している。

 

歴史上の人物(項羽リンカーンミケランジェロガンジー、ナポレオンなど)は登場するのだが、彼等は主人公ではない。

本作の主役は歴史に翻弄される一般庶民、つまり脇役である。

もちろん作者が勝手に作った人物であり、実在はしない

 

エジプトではファラオではなく、ピラミッドを作った技師が主役。

フランス革命では処刑される王族ではなく、王様が泊まる宿の息子。

第二次世界大戦のドイツはヒトラーではなく、ナチスのいち将校。

はっきり言って、「誰だこいつ?」みたいなキャラが大半を占めている。

この話のオリジナルキャラや展開を史実だと思い込むと、後々恥をかくことになるので注意しよう。

本当の歴史を知りたい人は本編を読まず、巻末の説明文だけを読むといい。

 

何より極めつけは、物語全体の主役が地球を調査にきた宇宙人であること。

この宇宙人は「歴史に干渉してはならない」とは言っているものの、かなり好き放題なことをやっている。

異星の超技術を用いてクローン人間を作ったり、致命傷を治したり、異国へワープさせたり、人工心臓を補強したり、まさにやりたい放題である。

 

地球の歴史はエイリアンがコントロールしていたのか!?

 

流石は手塚先生。

歴史書まで壮大な妄想にしてしまうのは、創作の巨匠の宿命か。

子供が勘違いするといけないから、

「この作品はフィクションであり、実際の人物・団体とは関係ありません」

という注意書きを添えておくべきかもしれない。