二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

2017年秋アニメ総評 宝石の国の輝きが眩しすぎた

大賞:宝石の国 評価A

ベストヒロイン:ダイヤモンド

 

登場キャラがほぼ全員宝石で性別なしという非常に独創的な作品。

人類が三つに分割された独特な世界観も興味を惹くが、なんといっても注目すべきはアニメ独特の輝き。

それぞれの色や光沢を持った宝石が砕ける時の輝きは、CGアニメ以外では絶対にお目に掛かれないだろう。

多重に重なり合って光り輝く境界面に、アニメの新しい可能性を見た。

 

次点:ブレンド・S 評価A-

 


 

可愛いけどどこかおかしい少女達がファミレスで働くラブコメ

Workingやごちうさといった人気アニメの長所をよく取り込んでおり、どの娘も実に萌える。

実際にはサドではないけれど役割としてSを演じる少女がとにかく可愛いので、女の子に虐められたいドM変態紳士にお勧め。

 

次点:少女終末旅行 評価B+

ベストソング:動く、動く

 


 

一見するとかなり適当だが、滅亡寸前の人類を描く真摯な作品。

主題歌含め明るいノリなのに、どこか哀愁を感じさせる。

歌や写真、魚や芋など、我々にとって当たり前の物でも、それが枯渇した世界においては貴重となる。

何も知らない真っさらな瞳で世界を見つめ直すと、これまでとは違ったものが見えてくるだろう。

 

次点:僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 B+

 


 

生徒会役員共煽情的な魅力をプラスしたような作品。

変女とはほぼ同じ。

一途だけどアレな発言をしなくてはいられない少女達が実にそそる。

この世界には変態しかおらんのか。

 

 

ワースト賞:ブラッククローバー 評価E

ジャンプのテンプレオブテンプレート

NARUTOONE PIECE、マギなど、あらゆる要素が人気漫画のコピーで出来ており、オリジナリティというものが一切存在しない。

新アニメを観ているはずなのに、ひたすらデジャヴを感じ続ける。

テンプレを土台にした漫画は多いが、ここまで忠実に再現した物は珍しい。

元ネタに忠実すぎて、全く価値がないのも確かだが。

 

  • ドラゴンボール超 B- 全編大会なので、寒いギャグをやられるよりはずっと燃える。ただジレンなどのキャラデザが適当すぎて、せっかくの強敵が死んでいる。
  • アニメガタリズ C アニメオタクの自画自賛と思いきや、後半まさかの超展開。全力で視聴者を置いてけぼりにした。
  • 妹さえいればいい。B 妹アニメに見せかけて、作家のプライドと押しかけ妻の全裸が見どころ。カニ公いるなら妹要らんのでは。本編より人外の妹話の続きが読みたい。
  • クジラの子らは砂上に歌う C 独創的な世界観で描かれる悲壮な物語。主人公のポエムも含め、感傷的すぎる男キャラが目立つ。
  • 干物妹!うまるちゃんR B 相変わらず妹達が可愛いが、主題歌は前期ほどではない。
  • 食戟のソーマ 餐の皿 B ジャンプ系列で最も高品質なアニメ。キャラも料理も文句なしの一品。
  • お酒は夫婦になってから D+ お酒というより、優しい旦那にダダ甘えするだけのアニメ。
  • EVIL OR LIVE E 不条理に満ちた世界感と最悪なヘタレ主人公。ただただ不快。
  • 魔法陣グルグル D+ 原作まんま。子供の頃はともかく、大人になって観るとそれほど面白くない。
  • BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS D 明らかにナルトから劣化している。
  • このはな綺譚 C+ ゆる萌え旅館。ただ可愛いだけではなく、時折ジーンと来る話もある。
  • URAHARA C+ 一見メルヘンだが、途中から人間辞めて、全力で病んでくる。そのわりにラストはあっさり目でがっかり。テーマとは裏腹に、クリエイティブな要素は少ない。
  • あめこん!! D- 外人の男キャラが薄っぺらい。犬だけ映していた方がマシ。
  • 俺たちゃ妖怪人間 E 妖怪人間ベムを侮辱したクソギャグアニメ。過去のファンが可愛そう。
  • Just Because! D+ 珍しく等身大な学園恋愛もの。リアルすぎて淡泊に感じる。
  • 王様ゲーム The Animation D- とにかく不条理な殺人ゲーム。登場人物が犬死にしすぎて、失笑しかない。