二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

ちちのじかん 評価B+ 巨乳男の授乳子育て

カテゴリ:一般漫画(コミックZENON)

ジャンル:授乳育児漫画

著者:白田クロノスケ

特徴:ひたすらおっぱい(だが男だ!)

 


 

宇宙人のテクノロジーで女体化した大学生が赤ん坊を育てる漫画。

いや、宇宙人って何?

なぜ宇宙人が子育てを強制するの?

男に授乳させる必要があるの?

という読者の疑問を完全に無視して、ひたすら赤子に母乳を与え続ける。

 

主人公は(男のくせに)巨乳だが、ヒロインは見事な貧乳

恋愛対象が自分より胸が大きくて、しかも赤ん坊に授乳中。

子供のためとはいえ、彼氏の豊乳をマッサージする心境はいかがなものか?

完全に混乱しつつも子育てに専念するナイチチ彩花がとても可愛い。

 

どのページも乳首だらけなので一見ただのエロ漫画に見える、なにげに授乳や育児に関する蘊蓄が詰まっている。

乳房な内部構造、母乳マッサージの必要性、乳腺炎の危険性、輸送反応など、なんだかんだで話題も豊富。

これから子供を産む妊婦さんには良い勉強になるかもしれない。

 

個人的に感動したのは、食堂で授乳をして皆に避けられるシーン。

女性が乳を出していればそりゃみんな目を反らして離れるが、よく考えたらおかしな話。

だって、赤ん坊は食堂で食事をしているだけなのだから。

食事という当然の行動を性行為のように嫌気する私達の方が、実は歪んでいるのかもしれない。