二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

2018年春アニメ総評 今期は不作すぎて泣いた

大賞:食戟のソーマ 餐の皿 遠月列車篇 評価B+

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 食戟のソーマ 餐ノ皿 Blu-ray BOX 下 【BLU-RAY DISC】
価格:16512円(税込、送料無料) (2018/6/26時点)


 

ジャンプ系ではおそらく最も質が良いアニメ。

今期はえりなと父の対決が明確になっており、容姿・能力・性格とも最強のえりな様がひたすらに美しい。

連隊食戟が中途半端になっているのだけが残念なので、ぜひ四期を。

 

次点:メガロボクス 評価B


 

あしたのジョーのオマージュ作品。

半サイボーグの機械でボクシングという設定ながら、それを自分で否定するスタイルに笑った。

ギア使わないならメガロボクスじゃないのだが、それを腕力で解決するのもロックなのだろうか。

 

ベストヒロイン:卯野 さき (魔法少女 俺) 評価B-

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 魔法少女 俺 1 【DVD】
価格:5871円(税込、送料無料) (2018/6/26時点)


 

魔法少女でありながら男に変身という暴挙。

完全に一発ネタ。

元はそこそこ可愛いアイドルなのに、わざわざマッチョになるあたりが本当に酷い。(誉め言葉)

 

ワースト賞:宇宙戦艦ティラミス 評価D-

ガンダムのようなロボットパイロットをネタにしたギャグアニメ。

シュールギャグ自体が悪いわけではないが、下ネタが汚すぎる

陰毛や汗のついたおにぎり、汚れたコクピットなど、生理的に無理なギャグがあまりにも多い。

なまじキャラやロボットの作画が良いだけに、汚いギャグの不快感が増大した印象。

 

なんというか、近年稀に見る不作だった。

アニメ業界はよほどネタがないのか。

 

以下、総評の振りをしたただの罵詈雑言。