二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

異世界おじさん 評価A+ 恋愛フラグを叩き折る異世界転移コメディ

カテゴリ:一般漫画

ジャンル:異世界転移ファンタジー(ただし後日談)

特徴:なろう系異世界小説観をブチ壊すフラグクラッシャー

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異世界おじさん 1 [ 殆ど死んでいる ]
価格:648円(税込、送料無料) (2019/5/29時点)

楽天で購入

 

最近流行の異世界転生(転移)漫画の中でも圧倒的に異色の作品。

お約束のチート能力や可愛い女の子、世界観はそのままに、ぶっ飛んだ設定で読者を驚かせてくれる。

 

・主人公はアラフォー中年

・冒険中ではなく後日談

・オークと間違えられて村人に襲われる

・恋愛フラグは自分で折る

・魔法をYoutubeで配信して生活

セガサターンが大好き

 

異世界人は容姿が整っているせいか、誰もおじさんを人間と認識しない。

むしろオークの亜種、邪悪の化身

村人総出で、全力で殺しに来る。

 

転生したらスライムだった件」のように適当にやってもなぜか友好関係を結べる謎補正はない。

「盾の勇者」のように、策略によって不条理な扱いを受けるわけでもない。

ただモンスターとして認識されているだけだ。

どこの地域に行っても、とりあえず住民と戦って誤解を解くのが恒例行事になっている。

 

ただ全員に嫌われるというわけでもなく、ヒロインとの恋愛描写は多い。

登場する女の子はとにかく可愛い。

特にツンデレエルフのデレっぷりは芸術レベルで、もはやベタ惚れと言っても過言ではない。

しかし、おじさんはツンデレという概念を知らないのだった。

 

大衆からは怪物として認識され、行為を寄せられてもそれに一切気付かない。

お互いに、ひたすらすれ違い続ける。

これが現在進行形なら悲しい話だが、既に終わった出来事であるためにギャグ漫画として成立している。

 

ちなみに、ヒロイン投票一位はツンデレエルフ。

第二位はセガサターン

 

セガサターンってヒロインだったのか・・・

つくづく読者の予想を裏切るとんでもない作品である。

ネタ的に共感しやすいため、セガサターンのゲームをプレイしたことのある30代~40代の男性にお勧め。