読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

Pokemon Rejuvenation 評価B- シナリオ特化型ポケモンファンゲーム

ゲーム批評

カテゴリ:PCフリーゲーム

ジャンル:ポケモンRPG

特徴:ストーリーが極めて刺激的

 

Pokemon Zeta&Omicronの実質的な続編。

ゼータの30年後でシャドウポケモンが存在するが、キャラは一新されている。

現時点(Ver.8.1)で未完であり、多くの謎が残されている。

 

タイトルのRejuvenationは回帰という意味で、その名の通り時空を超えた壮大なストーリーが展開される。

基本的なシステムは本家と同じだが、とにかく文章が多く、衝撃的な設定や展開が多い。

 

・OPがやたら長く、いきなりデオキシスの群れが船を沈めてくる

・最初の街が最も大きく、環境汚染により海が真っ黒になっている

・街中の草むらを歩いているだけで野生ポケモンエンカウントする

・街を歩いているだけでポケモンバトルを挑まれる

・それぞれの町で依頼を受けることができるが、全体的に酷い依頼が多い

・「カクレオンの店で泥棒」の依頼を受けると、シレン風の泥棒がスタート

 もちろんカクレオンは倍速で接近し、殴られると即死

・沢山依頼をこなすと「情けは人の為ならず」を誤用した集団が現れ、人助けしたことを責められる

 

・謎の秘術によりポケモンが巨大化して暴れる

・親が自分をかばって死ぬ

・自殺しようとしている人を後ろから突き落とす

・仲間が火口に落ちて死ぬ

・ついでに主人公も火口に落ちて死ぬ

 

全体的にポケモンとは思えないほどシナリオがシビアで、わりとあっさり人が死ぬ。

本作の悪の組織はロケット団のような甘ちゃんではない。

新しい街に行く度に牢屋にぶち込まれるので、この作者はよほど牢獄が好きらしい。

親が死亡⇒収容所で強制労働⇒仲間とともに蜂起して脱獄

これなんてドラクエ5

少なくともポケモンでやるような話ではない。

 

最近は原作のキャラも個性重視になってきているが、本作は次元が違う。

ジムリーダーの一人一人一人に至るまでストーリーが用意されており、それをクリアしないと先に進めない。

 

ジムリーダー「お腹空いて動けない。木の実ちょうだい」

ジムリーダー「私と戦いたかったら、10年前に友達に貸したCDを返して!」

ジムリーダー「街は氷漬けにした!貴様らを生贄にして神を降臨させる!」

ジムリーダー「僕はもう死んでいるんだ。最後にバッジを渡せて良かった・・・」

 

こいつら何者だよ!?

なにせ無条件でチャレンジできるジムが一つもないのだから、その過剰な描写には呆れてしまう。

ジムリーダーの中に悪魔亡霊が混じっているのはなんでだ・・・

 

レベルキャップが厳しく、地形効果が存在するため難易度は原作よりかなり高い。

フラグ管理も厳しく、次へ進めるための条件がわからないことも多い。

ジムは必ず仕掛けがあり、中には異様に難しいものもある。

全編通してスラングだらけの英語で、「屠殺とか「異教徒」とか「裏切り者」とか普通の日本人が絶対に知らないような単語がポンポン出てくるので、相当な英語力が必要なことも付け加えておく。

 

シナリオもハード。

難易度もハード。

言語の壁もハード。

従来のポケモンではありえないほどの濃厚なストーリーと個性を持った作品だが、あまりにもプレイし辛い。

もうちょっとマイルドにしても良かったんじゃなかろうか?