読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

ライフエラーズ 評価B- 衝撃のバッドエンド漫画

漫画批評

カテゴリ:少年漫画(ガンガンW)

ジャンル:アクションバトル

特徴:内容はまともだが、結末が悲惨

 


 

ジンキで有名な綱島志朗氏の初連載。

悪の組織に殺害された婦人警官ミアがゾンビとなって甦り、Dr.オーバーの改造人間と戦う。

この頃から綱島志朗氏の作画とキャラデザは素晴らしく、ゾンビのくせにミアは可愛くて情熱的。

人体のリミッターを解除した豪快な戦闘シーンも素晴らしい。

 

ゾンビとして人間以上の力を振るう以上、身体の崩壊は避けられないのだが、基本的に明るいノリのためいつか人間に戻ってハッピーエンドになると、誰もが思った。

しかし、結末はまさかのバッドエンド

 

それもゾンビとして死ぬならともかく、ミアが生き残った上で最悪の終わり方をするのでタチが悪い。

親友の女性は裏切り、相棒の仮面の男は死に、ミアは悪霊を取り込んで怪物化。

これまでの戦いを無にする超展開を行った上で、最後は組織を皆殺しにして復讐エンド。

主人公が闇堕ちする作品は珍しくないが、闇堕ちから復帰せずに終わった作品はこれぐらいじゃないか?

 

よく編集がこんな結末を許したものだ。

いや、こんな無茶な展開ばかり書くから、綱島氏は今も掲載誌を転々としているのかもしれない。

絵と迫力はピカイチなんだが、読者には優しくない漫画家だとつくづく思う。