読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

アンティーカロマン 評価C+

アンティーカロマン(原作)→フリー

ノイアーアンティーカロマン(リメイク版)→シェア

 

カテゴリ:PCゲーム

ジャンル:遺跡発掘RPG

 

ファンタジー世界を巡って遺跡を発掘するRPG

エルフやモンスターが存在し、魔法が使えるごく普通のファンタジー。

 

しかし、どういうわけか戦車や戦闘機が自然に出てきたり、共産主義者やナチス総統が普通に登場する。

古代の都市=現在の文明ということなのだろうか?

 

遺跡発掘はやけに現実的な仕様になっており、古文書を解読しつつ、地図で緯度や経度を確認しながら、フィールドを探すことになる。

「なんでファンタジー世界なのにGPSがあるの?」

とか言ってはいけない。

 

スライムや獣人などのモンスターは普通の攻撃で倒せるが、さも当たり前のように出てくる戦車や戦闘機は厄介。

特に高高度から爆撃してくる戦闘機には弓矢さえ届かないため、苦戦を強いられるだろう。

ティーガー戦車を精霊魔法で焼き払うバトルは、どうも違和感をぬぐえない。

 

ロマサガ3のミカエルを真似たのか、ニート王の国家運営があり、それ次第で開発や職に大きな差が出る。

銀行にお金を預けると利子が付く。

借金で利息が取られたり、戦車や戦闘機を使いすぎると国家財政が窮乏するため、ご利用は計画的に。

 

登場キャラは全員キチガイの一言で、特に

・医療ミスで患者を皆殺しにする医師メンゲレ

・戦車オタクの天使オーラ

ナチスドイツの総統ビッドラーおじさん&ケッペルズ君

辺りは常軌を逸している。

パトルの軍事博物館にも多数登場しているので、そちらと合わせて楽しむといい。

 

私はパトルの軍事博物館→アンティーカロマンの順でプレイしたため、前者のでたらめな設定にインパクト負けしてしまった感が強い。

しかし、冷静に考えると、これも結構イカレた作品には違いない。

 

ドラクエの転職システムを回しながらケーニヒスティーガーを運用する歪んだ世界観が魅力です。

 

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com