二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

シャーマンキングは矛盾がいっぱい 評価B+

カテゴリ:少年漫画(ジャンプ)

ジャンル:シャーマンバトル漫画

特徴:面白いけど、設定破綻が多い

 

かつての少年ジャンプ看板漫画の一つ。

生死を扱う作品だけあって一つ一つの言葉に重みがあるが、設定はかなりいい加減。

作中の矛盾の数は、キン肉マンに次ぐほど多い。

 

・巫力300の蓮がトップの力で予選を通過

⇒125万のハオをはじめ、万超えのキャラがゴロゴロしている

 

巫力は死なない限り変動しない

⇒怪我しても、グレートスピリッツ見ても、修行しても上がる

しかも数百倍にインフレ

 

・オーバーソウルはオーバーソウルでしか破壊できない

キョンシーがあっさり破壊。後半は何もなくても無効化可能。

 

・オーバーソウルが破壊か放出されないと、巫力は減らない

⇒いつの間にか万単位で減ってる

 

・人を殺した罪は消えない

⇒何人でもあっさり蘇生

 

・天使は神に次ぐ高等な霊

スーパーカーでした

 

・5人の戦士の力を合わせてハオを倒そう

⇒プリンセスハオで打ち切り

 

リアルタイムで最初から読んでいたし、素晴らしい漫画だとは思う。

だが、このデタラメな設定はなんとかならなかったのか。

これのおかげで、せっかくの名言が信用できなくなってしまった。

一応この矛盾っぷりも魅力の一つではあるのだが。

 

アニメ化までした人気作品でありながら、最終章の人気低迷で打ち切られ、ミカン(未完)で終了したのも有名。

完全版の書き下ろしで綺麗に終わったからいいのだが、それなら打ち切らなくて良かったのではなかろうか。

 

ちなみに続編のゼロやフラワーズにおいて、前作の仏ゾーンシャーマンキング同一の世界であることが確定している。

ガンダーラのボスにして神クラスのサティは仏ゾーンのヒロイン本人であり、動く仏像どもは全員オーバーソウルだったことになっている。

連載が完了して何年も経ってから、次々と新しい事実が判明していくのだから、本当にいい加減な作品である。

 

まぁ、そんな所も面白いのだが。