二次元桃源郷(アニメ、漫画、ゲームレビュー)

とにかく面白い作品の感想を書いています(ただし酷評)

冒険者35歳 評価C+ 人生の虚無を学ぶ非育成SLG

www.freem.ne.jp

 

カテゴリ:PCフリーゲーム(ウディタ)

ジャンル:育成シミュレーションゲーム(ただし成長ではなく老化)

特徴:人生は完全に無意味である

 

人生の曲がり角を迎えた中年冒険者が、婚活と長生きを目指すゲーム。

ゲームというと娯楽の印象が強いが、これは虚無とか絶望という言葉が相応しい。

 

普通の育成SLGなら仕事や訓練で能力値が上がっていくものだが、既に35歳なので成長はしない。

むしろどんどん筋力や知力、健康が衰えていくため、後になるほど大変になる。

うっかり健康やお金がゼロになれば即座に死亡してしまう、非常にシビアなシステム。

 

ヒロインは3人いるが、若くて可愛い女ほど結婚しにくく、結婚後の収入も低い。

振られる時は秒速で振られるし、毎日会ったところで結婚できるとも限らない。

そのくせ女性側が歳食って焦り出すとすんなり結婚してしまうリアリティ。

 

どんどん減っていくお金。

日々衰えていく能力。

手に負えなくなっていく仕事。

ニートになる息子。

親の介護。

毎日の通院でも取り戻せない健康な身体。

 

ああ、絶望しかない。

 

このゲームにはハッピーエンドなどない。

かといって、バッドエンドがあるわけでもない。

人生はただそこに在るだけで、本当は何の意味もないからだ。

このゲームはそんな当たり前で直視するのが難しい現実を、プレイヤーに見せつけてくれる。

 

アラサーで独身の方は、ぜひプレイしてみよう。

我々が迎えるエンディングが少しでも実りのあるものになることを願う。

 

https://www.freem.ne.jp/win/game/15567

2018年冬アニメ総評 ポプテピピックは人類には早すぎた

大賞:ポプテピピック 評価不能

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポプテピピック ALL TIME BEST [ (アニメーション) ]
価格:4298円(税込、送料無料) (2018/3/25時点)


 

人知を超えたクソアニメ(自称)。

何をどう説明したら良いのか全くわからないが、常人の発想を完全に超えている。

視聴者に理解できようができまいが関係なく突き抜けるパロディと、全方位に喧嘩を売るスタイルがロックすぎる。

常識とかタブーとか、色んな物を投げ捨てているので、まともに考察するだけ無駄である。

 

次点:ヴァイオレット・エヴァーガーデン 評価B+

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴァイオレット・エヴァーガーデン1【Blu-ray】 [ 石川由依 ]
価格:7452円(税込、送料無料) (2018/3/25時点)


 

近年稀に見るほど真面目な作品。

人間兵器として育てられた少女が人間性を取り戻し、罪悪感に苦しみながら愛を探す話。

京アニの作画で描かれた切ない物語が視聴者の胸を打つが、あまりにも綺麗すぎるのがかえって苦しい。

共感できれば名作だが、遊びがない作品なので視る側にも覚悟が必要かも。

 

ベストヒロイン:からかい上手の高木さん 評価B

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

からかい上手の高木さん vol.1【Blu-ray】 [ 高橋李依 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2018/3/25時点)


 

圧倒的ヒロイン力。

純情な男子が小悪魔な女子にからかわれる素敵な時間。

男女関係は、女性の方が上位にあった方が上手く行く気がする。

 

ワースト:ポプテピピック 評価不能

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポプテピピック 2【Blu-ray】 [ 諸星すみれ ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2018/3/25時点)


 

なぜ一度出てきた物がまた出てくるのか?

それは私が聞きたい。

同じ内容を声優を変えて使い回すなど言語道断。

2次元と3次元を混ぜたり、小学生以下の絵を動かしたり、竹書房の自虐をしたり、意味不明なパロディを乱発したり、酷いという言葉では全然足りない蛮行のオンパレード。

 

こんなクソアニメ見た事ねぇ!

 

以下、ポプテよりはまともなアニメの総評。

 

  • 恋は雨上がりのように D 女子高生と中年の恋愛に違和感あり。このオッサンが美少女と付き合うのってどうなんだろ?
  • ミイラの飼い方 C+ ミイラに萌える不思議な感覚。謎生物が溢れる世界観が地味にカオス。
  • だがしかし2 C+ ヒロイン交代。ほたるさんより歪んでるバイトの女性がちょっと好き。
  • たくのみ。 D 酒豪の女性は好きじゃない。というか、お酒自体が毒物認定。
  • ハクメイとミコチ B+ 一見可愛い子供に見えるが、意外としっかりした妖精達の日常。世界感も仕事も非常に丁寧に描かれている高品質な作品。
  • 刀使ノ巫女 D 美少女達が妖怪っぽいものと戦うありふれたアニメ。
  • 働くお兄さん! D 猫は働かなくていいと思う。
  • 覇穹 封神演義 D 原作をひたすら削って詰め込んだゴミ。省略しすぎてどうしようもなくなっている。
  • 博多豚骨ラーメンズ D- 女装の殺し屋が気持ち悪い。ラーメンは全く出てこない。

BACK TO THE 母さん 評価C+ UMAに成り果てた母親

カテゴリ:一般漫画(ビッグコミック)

ジャンル:マザコンタイムスリップアドベンチャー

特徴:母親が異次元生命体

 


 

名前の通り名作映画『バックトゥザフューチャー』のパロディ。

変わり果てた母親(皆好尊子)を助けるために、時間旅行を繰り返す少年の話。

 

特筆すべきは、元アイドルの母親の現在の容姿。

美しい女優が中年になって変わってしまうのは珍しくないが、本作の母親は次元が違う。

まさに、未確認生命体

もしくは、地球外生物

あるいは、金太郎飴

 

かつての国民的アイドルが、もはや人間ではない。

どうしてこうなった・・・

つーか、なんで主人公はこれを母親と認識してるんだ?

 

現在の母親を除いたキャラは、全体的に可愛い。

ライバルヒロインの花田花澄のラッキースケベも多く、タイムスリップする『To LOVEる』といった感じ。

しかし、それだけに現在の母親の異常な容姿が気にかかる。

 

いったい何をどうしたら、人間やめて金太郎飴になれるのさ?

 

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。評価A+ 至高の親バカ物語

 カテゴリ:なろう小説→コミカライズ

ジャンル:ハートフルファンタジー

特徴:究極のドタコン

 


 

 

冒険者デイルが魔人族の幼女ラティナを拾って育てる話。

とにかく娘(7歳)が可愛い。

ひたすら娘(7歳)が可愛い。

かつてこれほどまでに幼女が愛らしく、その親も溺愛した作品があったろうか。

 

一応デイルは勇者であり、タイトル通り魔王達を斬り倒していくことになるが、それはわりとどうでもいい。

実際バトルシーンにはあまり力を入れていないし。

大事なのは、娘への愛ゆえにそれを行うということ。

親(バカ)は娘のためなら、世界全てを敵に回したって構わないということだ。

娘に危害を加えるなら、学校の教師だろうが災厄の魔王だろうが、関係なくぶっ飛ばしていくのが父親の役目だ。

 

養女にしてヒロインのラティナは最近では珍しく、完全直球の可愛い系ヒロイン。

実は暴力的だったり、ダメ人間だったり、メシマズだったりといった変化球は一切ない。

もちろん、どこぞのロリコン萌え漫画のような性的変態性も皆無。

とにかく純粋で素直、健気で父親想い。

種族は魔人族だが、誰がどう見ても天使

混ざりものが一切ないがゆえに、世の男性は徹底的に父性をくすぐられる。

男ってのは絶対に娘には勝てないものだと実感するよ。

 

元々は小説版とコミック版があるが、コミックを強烈に推奨。

本当の可愛さというのは、文章では表現しきれないものだからだ。

読んでいるだけで自分の汚れや穢れが浄化されていく。

 

やっぱり小学生は最高だぜ!

(本作に小学校は存在しません)

 

ミカるんX  評価A- 全裸の女子高生巨人

カテゴリ:一般漫画(チャンピオンREDミックス

ジャンル:特撮ヒーローSF+百合

著者:高遠 るい 

特徴:ウルトラマンのパロディに見せかけた壮大な物語

 


 

二人の女子高生が合体して巨人となり、全裸で怪獣と戦う漫画。

それも進撃の巨人に登場する女型の巨人のように色気のないものではなく、まんま女子高生が巨大化して宇宙から飛来した超銀河生命体と死闘を繰り広げる。

初期の作品なのであまり絵は上手くないが、素っ裸の美女が怪獣に飛び蹴りをくらわしたり、ぶった切ったりする姿は痛快。

 

それだけ見るとただの一発ネタだが、この漫画の真価は張り巡らされた伏線と、宇宙規模の壮大なストーリーにある。

物語中盤から展開が急変し、稀に見るほど大きな風呂敷を広げ、見事畳み切っている。

タイムスリップの挙句キリスト教と宇宙怪獣を融合させ、人類の宇宙進出を目指す展開など、一体誰が予想しただろうか?

最後まで読んで、これをウルトラマンのオマージュなどと呼ぶ輩はおるまい。

 

個人的に気に入ったのは、イエス・キリストを裏切ったユダに対して、ロンダリング星人が神様のことを説く台詞。

 

「神様達は闘争で忙しい。お前達の小さな罪をいちいち裁いたりはしないよ」

 

毎度毎度ぶっとんだ漫画を描く人だが、このスケールの大きさにはいつも感心させられる。

 

ほおばれ!草食女子 評価B+ 雑草食って生きる貧乏女子が可愛い

カテゴリ:一般漫画(まんがタイムKRコミックス)

ジャンル:料理漫画っぽいコメディ

特徴:雑草食べるポンコツ女子がめっちゃかわいい

 


 

会社をクビになった24歳無職女性、「日高ちゅーりっぷ」(すげぇ名前だな)が友人とともに雑草を調理して飢えをしのぐ漫画。

流石に道路の野草をむしゃむしゃ食うことは(あまり)ないが、ツクシ、ヨモギ、セリ、クレソン、スイバ、ノビル、ヘビイチゴなど様々な植物を綺麗に調理している。

その辺の草花が主食になるわけではないが、どんぶりや素麺などと合わせると良い食事になる。

何よりチューリップが本当に美味しそうに食べるので、読者も野草に興味を持つのではないだろうか?

 

本作の魅力は野草の調理もあるが、それ以上にヒロインの圧倒的なポンコツっぷりにある。

頭は悪いし、貯金はないし、履歴書も書けないし、家賃も滞納して大家の子供にも頭が上がらない生粋のダメ人間

雑草の知識もなく、採集も料理も植物に詳しい友人に任せっきり。

しかしながら、常にポジティブで表情豊か。

そして、料理を食べる時の笑顔は何物にも代えがたいほど魅力的。

つまり、アホな子ほどかわいい

ちなみにちゆに限らず、本作の登場人物は全員どうしようもないダメ人間である。

 

食戟のソーマ」や「焼きたてジャぱん」などを読めばわかるが、料理漫画においては食べる者のリアクションが非常に大事。

どんなに美麗な料理でも、読者はそれを口にできないのだから、登場人物が美味しさを表現してくれなければ何にもならない。

つまり、本当の主役は熟練のシェフではなく、読者が共感できる食い手なのである。

 

頭の中がお花畑で、仕事もできなくて、そのくせ食い意地だけは張っている。

そんなウサギのような少女だからこそ、この作品の主役に相応しい。

美味しく食べてくれる人さえいれば、原価0円の野草とて至高の食材になるのだ。

 

2017年秋アニメ総評 宝石の国の輝きが眩しすぎた

大賞:宝石の国 評価A

ベストヒロイン:ダイヤモンド

 

登場キャラがほぼ全員宝石で性別なしという非常に独創的な作品。

人類が三つに分割された独特な世界観も興味を惹くが、なんといっても注目すべきはアニメ独特の輝き。

それぞれの色や光沢を持った宝石が砕ける時の輝きは、CGアニメ以外では絶対にお目に掛かれないだろう。

多重に重なり合って光り輝く境界面に、アニメの新しい可能性を見た。

 

次点:ブレンド・S 評価A-

 


 

可愛いけどどこかおかしい少女達がファミレスで働くラブコメ

Workingやごちうさといった人気アニメの長所をよく取り込んでおり、どの娘も実に萌える。

実際にはサドではないけれど役割としてSを演じる少女がとにかく可愛いので、女の子に虐められたいドM変態紳士にお勧め。

 

次点:少女終末旅行 評価B+

ベストソング:動く、動く

 


 

一見するとかなり適当だが、滅亡寸前の人類を描く真摯な作品。

主題歌含め明るいノリなのに、どこか哀愁を感じさせる。

歌や写真、魚や芋など、我々にとって当たり前の物でも、それが枯渇した世界においては貴重となる。

何も知らない真っさらな瞳で世界を見つめ直すと、これまでとは違ったものが見えてくるだろう。

 

次点:僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 B+

 


 

生徒会役員共煽情的な魅力をプラスしたような作品。

変女とはほぼ同じ。

一途だけどアレな発言をしなくてはいられない少女達が実にそそる。

この世界には変態しかおらんのか。

 

 

ワースト賞:ブラッククローバー 評価E

ジャンプのテンプレオブテンプレート

NARUTOONE PIECE、マギなど、あらゆる要素が人気漫画のコピーで出来ており、オリジナリティというものが一切存在しない。

新アニメを観ているはずなのに、ひたすらデジャヴを感じ続ける。

テンプレを土台にした漫画は多いが、ここまで忠実に再現した物は珍しい。

元ネタに忠実すぎて、全く価値がないのも確かだが。

 

  • ドラゴンボール超 B- 全編大会なので、寒いギャグをやられるよりはずっと燃える。ただジレンなどのキャラデザが適当すぎて、せっかくの強敵が死んでいる。
  • アニメガタリズ C アニメオタクの自画自賛と思いきや、後半まさかの超展開。全力で視聴者を置いてけぼりにした。
  • 妹さえいればいい。B 妹アニメに見せかけて、作家のプライドと押しかけ妻の全裸が見どころ。カニ公いるなら妹要らんのでは。本編より人外の妹話の続きが読みたい。
  • クジラの子らは砂上に歌う C 独創的な世界観で描かれる悲壮な物語。主人公のポエムも含め、感傷的すぎる男キャラが目立つ。
  • 干物妹!うまるちゃんR B 相変わらず妹達が可愛いが、主題歌は前期ほどではない。
  • 食戟のソーマ 餐の皿 B ジャンプ系列で最も高品質なアニメ。キャラも料理も文句なしの一品。
  • お酒は夫婦になってから D+ お酒というより、優しい旦那にダダ甘えするだけのアニメ。
  • EVIL OR LIVE E 不条理に満ちた世界感と最悪なヘタレ主人公。ただただ不快。
  • 魔法陣グルグル D+ 原作まんま。子供の頃はともかく、大人になって観るとそれほど面白くない。
  • BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS D 明らかにナルトから劣化している。
  • このはな綺譚 C+ ゆる萌え旅館。ただ可愛いだけではなく、時折ジーンと来る話もある。
  • URAHARA C+ 一見メルヘンだが、途中から人間辞めて、全力で病んでくる。そのわりにラストはあっさり目でがっかり。テーマとは裏腹に、クリエイティブな要素は少ない。
  • あめこん!! D- 外人の男キャラが薄っぺらい。犬だけ映していた方がマシ。
  • 俺たちゃ妖怪人間 E 妖怪人間ベムを侮辱したクソギャグアニメ。過去のファンが可愛そう。
  • Just Because! D+ 珍しく等身大な学園恋愛もの。リアルすぎて淡泊に感じる。
  • 王様ゲーム The Animation D- とにかく不条理な殺人ゲーム。登場人物が犬死にしすぎて、失笑しかない。

 

出会い系サイトで妹と出会う話-333日目- 評価B 姉妹で結婚する百合漫画

カテゴリ:一般漫画

ジャンル:恋愛漫画

著者:もちオーレ 

特徴:世界は百合で出来ている

 


 

出会い系サイトで「実の姉妹」が出会い、恋人になる話。

 

以上で紹介終わり。

他に何も説明すべきことがない。

 

「家族で結婚は無理」とか、「女同士だからそれ以前の問題」とか、突っ込みたくなる所は沢山あるが、それは野暮というもの。

どんな関係だろうと、好きだから付き合う。

ただそれだけのことである。

 

姉妹以外にもカップルの話がいくつか掲載されているが、一切の例外なくすべて百合

学校でも会社でも異世界でもゾンビでも、いるのはレズだけだ。

漫画の隅々まで確認したが、男性キャラはただの一人もいなかった。

潔い。あまりにも潔い。

 

この作者は、心の底から百合が好きなんだろう。

 

ダンラプ攻略 お勧めパーティスキル

orario-rapsodia.com


 

RPGなのでレベルを上げて物理で殴ればいい」が真理なのだが、本作はソシャゲにしてはかなり鍛錬に時間がかかる。

経験値(ジャガ丸くん)、金(ヴァリス)、名声、ポーション、覚醒素材を大量に必要とするため、パーティスキルを上手く活用したい。

 

最初はあるカードを使うしかないが、ある程度揃ってきたら戦闘用・稼ぎ用の部隊を2つずつ編成しよう。

 

<戦闘用パーティ>

・難しいダンジョンをクリアするためのパーティ

・レアリティが高く、強いキャラを配置する

・パーティスキルは超越存在や、攻撃力や連撃の上がるものが良い

・サポーターは回復やステータスアップが良い

 

「超越存在に必要なキャラ」

ヘスティア、ロキ、ミアハ、タケミカヅチ、ヘルメス、ヘファイストス、ディア

 

上記のうち5人、要するにアシストを全部神様にすればいい。

シルなど神様以外のサポーターは使えない。

(メイドマニアの方、ごめんなさい)

 

サポーターはSRアイリスSR千草がお勧め。(強化と回復)

強化はステータスに依存しないので、SRが無い人はNアイリスをスキルレベルを最大にして、強化を3回使えるようにするのもいい。

超越存在でリンクアサルトが早まるので、強化⇒リンクアサルトのコンボが強烈。

 

<稼ぎ用パーティ>

・イベントの最低難易度をひたすらハムスターのように回るパーティ

・戦闘力はあまり必要ないので、RやNで構わない

・パーティスキルで、ヴァリス、名声、ドロップ率アップを付ける

 

<推奨パーティスキル>

・スキンシッパー: 獲得名声値を(大)アップする

ティオナ、ロキ、タケミカヅチ、アイリス、オリアナ

 

・振り回す性分 :獲得名声値を(中)アップする

ティオネ、ロキ、ヘルメス、ラブ、ディア

 

・トラブルメーカー:獲得ヴァリスを(大)アップする

プリモ ギタ、ラブ、ロキ、ヘルメス

 

・お気に入りの白兎 :アイテムドロップ率アップ

シル、ティオナ、ヘルメス、プリモ、レオ

 

上記を含んだ推奨パーティ>

メイン:ティオナ、アイリス、オリアナ、ラブ、ギタ、プリモ、レオ

アシスト:ロキ、タケミカヅチ、ヘルメス、シル、ディア

 

多くのガチャゲー同様低レアの戦闘力は低いが、パーティスキル要因としてはRやNもかなり使える。

というか、無課金はSRやSSRが少なすぎて、Nまで使わないとスキルが揃えられない。

イベントの必要周回数は極めて多いので、上の推奨パーティを2部隊作って走り回ろう。

 

有償「希望の光」限定のメイド服やガチャもあるので、ポイントサイトで稼ぐのも手。

 モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

ポイントインカム

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オラリオ・ラプソディア レビュー&無課金攻略

カテゴリ:ブラウザゲーム

ジャンル:ガチャRPG

特徴:アニメ絵は文句なしだが、ゲーム性は微妙

 

人気ラノベ兼アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を元にしたネトゲ

一応ソシャゲではあるが、今のところプレイヤー同士が交流や競争する要素は皆無。

神になって自分のファミリアを作り、おなじみのキャラを育成してダンジョンを攻略する。

 

キャラ絵はアニメまんまで、会話もよく出来ている。

ダンまちファン用のコレクションゲームとしては悪くない。

登場キャラの顔ぶれと事前登録SSR(アイズとレフィーヤ)を見ると、ダンまちの本編というより、スピンオフの「ソードオラトリア」を参考にしている気もする。

しかし、音声がほぼないのと、素材枠が狭すぎるのが非常に残念。

せっかくアニメに合わせているなら、戦闘音声ぐらい入れてほしい。

 

初期状態で持てる素材数が非常に少ないため、ゲームを十分に理解しない状態で大量の素材を売却する必要に迫られる。

(課金して枠を拡張すれば別だが)

ファミリアランクを上げれば枠が増えるが、ランク3に到達するのに名声75000が必要。

毎日1000稼いでも、軽く2ヶ月はかかる。

最近では珍しい難易度高めのゲームなので、装備を整えないと先に進むのは難しい。

武器や防具を作るのには十分な素材集めが必須なので、枠は無制限にしてほしかった。

 

その他にも度々ダンジョン探索が止まったり、オートでスキルが使えなかったり、初期のイベントが何もなかったり、色々残念な点が多い。

キャラゲーとしてはイラストがあればそれでいいのかもしれないが、ゲームシステムについては一層の改善を期待する。

 

<簡単攻略>

スペシャルクエストで魔石とジャガ丸をひたすら稼ぐ

・ガチャ連打でSSRやSRを揃えて、霊薬でドーピング

・SRが揃うまで出会いの光は10連ガチャに投入

・各キャラともレベル20程度までジャガ丸で育てる(それ以上は金がかかりすぎる)

・チームは主力と探索主体の2チームを作る(ミッションクリアにサブが要る)

・何度でもクリアできるので最初はミッションを気にせず進める

・キャラ毎に得意武器が設定されているので、主力キャラから順に武器作成

・防具は誰でも装備できるので、適当にメイド服でも量産する

 

とにかく金(ヴァリス)がかかるので、換金できる魔石集めに全力投入。

毎日交互に魔石とジャガ丸クエストが来るので、魔石の方を最優先で金を集める。

エマのクッキーなどのAP回復アイテムは全部使っていいので、とにかく魔石の上級を回る。

貯めた金でヴァリスガチャをひたすら回せば、キャラと霊薬が手に入る。

SSRを霊薬で育てて足りない所をSRやRで補う。

あとはひたすらジャガ掘りで鍛えれば、1章のクリアは問題ない。

 

ある程度戦力が整ったら、キャラの組み合わせやスキルを考える。

パーティスキルに名声アップやヴァリスアップを入れて、ひたすら稼ごう。

 

orario-rapsodia.com